平成31年4月度:志塾・勉強会などのご案内

林英臣が講義する講演会・勉強会です。お気軽にご参加いただけます。
是非ともお運びを!東北→関東→中部→関西→中国→四国→九州の順になっています。隔月開催などの会は、5月以降の案内になっている場合がありますのでご注意ください。
開催日時・場所・内容が、予告なく変更される場合があります。
念のため問い合せ先にご確認の上、ご参加ください。
☆印は連続の勉強会、★印は単発の講演会です。

日本政経倶楽部連合 併設・日本政経連合総研レポート第21号

◆指導者にインテリジェンスを生かせる器量と能力があるかどうか…

3月21日の政経倶楽部名古屋支部7周年記念例会で、江崎道朗先生のご講義を拝聴。先生は、安全保障とインテリジェンスがご専門の評論家。とてもインパクトのある内容であり、その中に改めて確認出来たことや、新たに知ったこと、今後に生かすべき視点など、有益な内容が多々あった。以下に、その「林メモと考察」を記して総研レポートとする。

男たちよ、心の艶(つや)を取り戻そう!

こんにちは。イチロー選手の引退は本当に残念ですが、限界まで挑戦した姿勢に大変心打たれました! 見習いたいと思います。

◆3月25日(月)は、四国中央立志会で講義します。
☆社長・幹部対象3月25日(月)午後2時~4時 
『論語』に学ぶ経営者・経営幹部の心得 第23回
☆社員・中堅対象 3月25日(月)午後7時~9時
よく分かる やまとことば入門シリーズ 第5回
参加費:2000円(初回無料)
会場:両講座とも ホテル グランフォーレ(四国中央市三島朝日)
会場お問い合せ 電話0896・23・3355(ホテル グランフォーレ)

その136 全体・核心・流れは、問題解決の綜學的視点

綜學の「ものの見方や考え方」の補足の続きです。物事の大局を捉える際の綜學的視点として、「全体を観る」、「核心を掴む」、「流れを読む」の3つを挙げておきます。略して「全・核・流」です。この3つは、問題解決に際してのご参考にしてください。

為すことが裏目に出て苦しいときや、上手く行かなくて悩んでいるときに、人はどうしても「ものの見方」が狭くなります。部分に囚われ、目の前しか見えず、消極的になって将来を悲観します。

大役が来る前の苦労は、天の試練!大丈夫、きっと上手くいく!

こんばんは。今日は彼岸入り。21日(木)は春分の日です。

◆明後日20日(水)は、政経倶楽部・千葉支部で講義します。
★政経倶楽部連合会・千葉支部例会 開場 午後5時30分
会場:ホテルグリーンタワー幕張 ※最寄り駅JR海浜幕張駅徒歩2分
演題:列島と半島の歴史的違い~甘く見てはいけない朝鮮半島情勢
連絡・お申込先:一般社団法人政経倶楽部連合会事務局長 眞壁和彦さん
http://www.seikei-club.jp
MAIL info@seikei-club.jp
また、21日(木)は政経倶楽部・名古屋支部7周年記念例会に参加します。

◆15日~17日は西日本3連戦(神戸→広島→大阪)でした!
各地の様子は、下記「日記」ご覧下さい。

その135 言ったからにはやる、やるからこそ言う。言うが成る、だから誠!

それから、短期の心得として、信用構築の必要性を述べておきます。とかく本音は行動に現れるものです。それも小事や細事に現れます。そこで、今出来る小事をやっているかどうかや、小さな約束を守れるかどうかが肝腎となり、それらを見れば信用に足る人かどうかが判明することになります。