その22 ちょっと待ったぁ! そのケンカ、俺が預かったぁ!

次に、原点・大局・本氣・徹底、略して「原大本徹」の大局について述べます。大局は「人生の大木」の「根」にあたります。根はセンサーとも言え、根の届いているところまで「我が事」の範囲と広がります。根に触れることに対して、放っておけない、見捨てるわけにはいかないという意識が起こることになるのです。

国会議員の国籍は、やはり日本に置かれていなければ困る

こんばんは。下記「日記」に、作家の石川真理子先生の御文章を載せました。ちょっと照れますが、素晴らしい内容ですので是非ともご覧下さいませ。

◆来週は四国中央と神戸を回ります。

その21 表層の原点、深層の原点、そして新規の原点

そして、原点は何層かあるのが普通です。先に述べたように、「自分の原点はこれだ」とすんなり答えられたからといって、それで原点を確実に掴めたかというと、決してそうではありません。原点は数層あり、表層だけ見えたからといって安心するわけにはいかないのです。

師匠の言葉は後になって効いてくる…

こんにちは。今日も暑くなりましたね。

「大きな志を抱いている者は、小さい事をしっかり勤める。遠大な目標を立てている者は、細かい事をいい加減にしない。」佐藤一斎『言志録』より(訳:林)

◆来週は、大和言葉の合宿を16日(日)17日(月)に名古屋で行います。それから、林塾の文月公開例会(全国合同)&大懇親会が、20日(木)に東京で開催されます。ご参加の皆様は、ご案内の時間に集合場所までお越し下さい。

その20 いくら藻掻(もが)いても、自分の中に原点を見つけられないという人へ

さて「原点」「種」「素志」を、何とかして自力で見つけようとして苦しんでいる人のために補足を述べます。いくら藻掻(もが)いても自分の中に原点を見つけられないという場合は、無理しないで肩の力を抜き、一旦(いったん)目を外へ向けてみて下さい。

今日から、時間の流れを起こす人となれ!

こんばんは。昨年の夏、孫が飼っていたカブトムシが卵を産み、幼虫からサナギとなり、8匹全部が成虫となりました! ヲスが5匹、メスが5匹です。

◆明日は浜松で講義します。隣の愛知県からも、数人のご参加を頂いています。
☆東林志塾(浜松)7月11日(火)午後6時30分~9時00分