その51 文化の多様性は、言語の多様性が支えてきた

言語の消滅問題を話題に上げますと、「自然に減るものは仕方ない。むしろ言語は一元化したほうがいい。世界の言語が一つになれば、外国語を学ぶ必要がなくなり、意思疎通が楽になる」という意見が必ず出ます。「言葉は単なる意思伝達の手段に過ぎない」と思っている人ほど、そういう考え方を唱える傾向にあるようです。

空手道の鍛錬で、膝がカクッと抜けなくなった!

こんばんは。冬至(22日)が近付き、日が最も短い季節となりました。浜松は今日も「空っ風」が吹き、体感温度が本当に低いです。

◆今週末は、神戸と京都で講義します。どうぞお気軽にご参加下さいませ!
☆今啓林会(神戸)12月15日(金)午後6時半~9時
赤穂義士に学ぶ「武士の一分」~忠臣蔵に感動する間は、日本はまだ大丈夫~
会場:神戸一宮神社 社務所  参加費:ビジター3000円
電話078・242・3399(今啓パール(株)今井啓介さん)

その50 大和言葉とコトダマ(言霊)

◇1300年以上前と現代が連続していることの奇蹟と感動!◇

「知の文明法則史学」に続き、「情の大和言葉」について述べてまいります。日本人は、新しいものを進んで取り入れる積極進取の国民性を持っていると同時に、古い物を大切に伝えていく保守の精神も有しています。神話(古事記など)と、そこに登場する神々への信仰と、言語(大和言葉)と、国民(縄文以来のチスヂ)が一致する日本国には、タテイトの連続性があるのです。

大人物ほど自分を忘れている

こんばんは。今朝の米澤は、うっすら雪が積もっていました。

◆来週6日から12日にかけての講座ご案内です。
☆日本的経営の根本道場!経世志塾(東京)12月6日(水)午後6時~9時
文明法則史学による大局観【日本編】
会場:湯島天満宮参集殿 参加費:5000円
お問い合せ→ e-mail: keisei@ni-gata.co.jp(事務局・福田さん)

平成29年12月度:志塾・勉強会などのご案内

林英臣が講義する講演会・勉強会です。
お気軽にご参加いただけます。
是非ともお運びを!東北→関東→中部→関西→中国→四国→九州の順になっています。隔月開催などの会は平成30年1月以降の案内になっている場合がありますのでご注意ください。
開催日時・場所・内容が、予告なく変更される場合があります。
念のため問い合せ先にご確認の上、ご参加ください。
☆印は連続の勉強会、★印は単発の講演会です。

その49 文明のバトンタッチと共生文明の創造

文明交代期は、異常心理が生じ易い時期でもあります。群集心理的な興奮状態によって、誰も望んでいないはずの戦争が発生する恐れがあります。今後、日本を取り巻く周辺において、絶対に戦争を発生させないよう十二分に留意しなければなりません。