平成30年6月度:志塾・勉強会などのご案内

林英臣が講義する講演会・勉強会です。お気軽にご参加いただけます。
是非ともお運びを!東北→関東→中部→関西→中国→四国→九州の順になっています。隔月開催などの会は7月以降の案内になっている場合がありますのでご注意ください。
開催日時・場所・内容が、予告なく変更される場合があります。
念のため問い合せ先にご確認の上、ご参加ください。
☆印は連続の勉強会、★印は単発の講演会です。

その79 自分が変わらなければ国は変わらず、天下も良くならない…

中国思想には、いくつかの特徴があります。それらを知りますと、思想の全体像を掴めることになります。

その第一は、今述べた通り経世的、現実的であるということです。例えば『論語』に、「民から信頼を受けることなら出来るが、民に情報をしっかりと知らせるのは難しい」と書かれた箇所があります。指導者が民衆に対して、自分という人間を信じて貰うことは可能だが、伝えたい内容を細かく知らせるのは不可能に近いという意味です。

林塾「政治家天命講座」第13期・全国合同皐月例会を、茅ヶ崎市の松下政経塾で開催

お早うございます。今日は孫の運動会の応援です!

◆23日(水)と24日(木)、林塾「政治家天命講座」第13期・全国合同皐月例会を、茅ヶ崎市の松下政経塾で開催しました。松下塾での林塾研修は、昨年に続いて2回目です。

その78 第4章「綜學各論~中国思想と仏教思想」

◆中国思想概論◆

◇インドは宇宙的、チャイナは政治的、日本は綜合的◇

本章では綜學の各論として、中国思想と仏教思想について述べます。まず中国思想からですが、既に武士道のところで朱子学などに触れています。ここでは中国思想の全体像を、概論的に解説することにします。

活躍した人の人生の大半は、実は失敗の連続

こんにちは。浜松は五月の爽やかな陽気です!

13日(日)の空手道昇段審査の結果は、お陰様で満点合格でした!審査の様子を、下記「日記」に書きました。

明後日23日(水)~24日(木)は、林塾・全国合同皐月例会です。会場は、松下幸之助塾長の念子を、いっぱい頂ける松下政経塾です!

その77 武士道は国民精神の基本

本章では、綜學の三本柱である「知の文明法則史学」「情の大和言葉」「意の東洋思想」を解説し、三つ目の「意」の内容として武士道を述べてきました。

武士道精神は、決して過去のものではありません。「知の文明法則史学」のところで説明した800年周期論を思い起こして下さい。地球文明は大きく「東」と「西」に分かれ、両者は800年毎に交代します。入れ代わって、それまで高調期(活動期)であった側は低調期(休息期)に入り、低調期であった側は高調期に転換します。