その7 優勢なのはどちらか~それを見極める七つの視点

一に道、二に天、三に地、四に将、五に法。「五事」は勝つための基本です。これらを基に、孫子はどちらが優勢であるかを見極めてまいります。

《孫子・計篇その二》
「そこで戦う双方を比べ、情勢をきちんと計り、実情を求めよ。その見るべき項目は次の通りだ。

言語の危機と国語の特徴~やまとことば講座(合宿)

こんばんは。やはり原点は重要です。国家の原点ならば、祖先と国語。この二つを基本に、祖国が成立し歴史が刻まれます。

明日は名古屋綜學院・林ゼミで、言語の危機と国語の特徴について話します。
https://www.facebook.com/event……192080217/

【ご案内】第6回 やまとことば講座(合宿) ※山本道代さんより
「大和言葉」とは、漢字が伝わる はるか以前から、もともと話されていた言葉・人類最古の言葉とも言われており現在、私達が話している現日本語です。

日本語は、一音一音が明瞭に発声され、発声そのままが言葉の意味を表しています。一音一音の音義を用いて名前を紐解いていくと、自分の使命が見えてきます。

その6 こんな程度のことなら、とっくに知っているさ、と思ったあなたへ

勝利を得るための基本である「五事」の最後は「法」です。「法とは何か。それは、軍隊の編成、職分、主軍の用務などについての、組織的規律のことだ」と孫子は説きました。

「軍隊の編成」の原文は「曲制」です。曲には、細かい事柄、すみずみまで詳しい、という意味があります。曲制は、軍隊における詳細な組織編成のことです。

米中貿易戦争は、公益資本主義へ転換するための天啓!

お早うございます。「最初に無いものは、最後まで無い」綜観

◆今週は博多(21日)・大阪(22日)・名古屋(25日)で講義します。大阪は公益資本主義推進協議会(PICC)大阪支部の講義です。

★九州政経倶楽部例会 5月21日(火)
演題:今、一番九州政経倶楽部の皆さんに聞いて欲しいこと
・リーダーに必要なインテリジェンス
・新元号「令和」の意味
・天皇がキングではなくエンペラーと呼ばれる理由
・松下幸之助が求めた公益資本主義とは 他
会場:クリオコート博多
会費:会員ビジター共3000円 懇親会(希望者別途4000円)

☆「名古屋綜學院 林ゼミ」5月25日(土)午前10時~午後4時
第5回授業~大和言葉・基礎編~日本語は一音一音が明瞭で、48音それぞれに
意味がある。大和言葉の素晴らしさを知らないで、日本の魅力は語れない。
年間予定などの詳細とお申込は、こちらをご覧下さいませ↓
https://www.facebook.com/event……238302778/

その5責任感や使命感があれば、威厳は必ず備わる!

「五事」の続きで、今度は「地」です。「地とは何か。それは、距離が遠いか近いか、地勢が険しいか易しいか、地域が広いか狭いか、地形が高いか低いかなど、地理的条件のことだ」とあります。

これらは、戦いの場所を知っておくことの重要性を示しています。戦場までの距離は遠いのか近いのか、そこは険しい地なのか平らな地なのか、範囲として広いのか狭いのか、地形として高地なのか低地なのか、といった地理的条件を掴んでおけと。

ズタズタに斬られることを覚悟してやって来い!

こんばんは。土日は、大阪で計7時間講義しました。
林塾「政治家天命講座」第14期・全国合同皐月例会です。

◆明日は浜松、17日(金)は神戸、来週21日(火)は博多で講義します。