その115 鎌倉時代の栄西~60歳を超え、京都と鎌倉を精力的に往復!

二度の入宋を果たした栄西は、帰国後まず九州各地に寺を建て、その教えを伝えます。栄西による臨済禅が、九州の人々に広まりました。

しかし、急速に拡大すれば、必ず既存の勢力と摩擦が生じます。延暦寺の圧力によって、朝廷は禅宗の布教を禁止してしまいました。この延暦寺の権威主義に嫌気が差したところに、そもそも栄西が比叡山から下りた理由がありました。

当事者が、一番勉強になる!

こんばんは。昨日は、東京・経世志塾(長屋貢司代表世話人)で講義。
「明治維新150年」を振り返り、明治・大正・昭和など、各時代の社会心理について解説。さらに「150年間溜まった歪み」と、その対応策を理念から説き明かしました。

◆明日は神戸、明後日は大阪で講義します。
また、来週11日(火)は浜松で勉強会があります。

その114 栄西47歳~隠居の年齢で一から学び直し、人生2段階の成長を果たす

もう一度宋に渡ろうという決意をしたのは、栄西の心の中に「このまま終わってなるものか!」という思いが湧き起こっていたからでしょう。栄西は44歳になっていました。昔は人生50年と言いましたから、もう新しい事を始められる年齢ではありません。隠居を心に決めてもおかしくない年齢で、海外留学を志したのですから本当に凄いことです。

しかも、栄西の気持ちは宋に留まっていません。その先のインドに向いていたのです。即ち、釈尊の原点に帰ろうとしたのです。

人間通になろう!

こんばんは。
師走に入りますと、何だか慌ただしい気分になりますね。

◆今週は、東京→神戸→大阪で講義します。

☆日本的経営の根本道場!経世志塾(東京)12月5日(水)午後6時~9時
「新日本創成論」~地方再生の決め手と公益繁栄経済
明治維新以来150年、日本の何がおかしくなったのか?

平成30年12月度:志塾・勉強会などのご案内

林英臣が講義する講演会・勉強会です。お気軽にご参加いただけます。
是非ともお運びを!東北→関東→中部→関西→中国→四国→九州の順になっています。隔月開催などの会は、来年1月以降の案内になっている場合がありますのでご注意ください。
開催日時・場所・内容が、予告なく変更される場合があります。
念のため問い合せ先にご確認の上、ご参加ください。
☆印は連続の勉強会、★印は単発の講演会です。

その113 堕落した比叡山に失望し、疑問を抱き、やがて新たな宗派を興す!

最澄が比叡山延暦寺を創建したのは、まだ平安時代初めの延暦7年(西暦788年)のことでした。延暦寺は、日本仏教の根本道場であり、都の鬼門を守る国家鎮護の大寺として建立されました。

ところが、どんな組織・団体にも“経年劣化”が起こります。時代を経ると共に初期の純粋な情熱が失われ、活動が惰性で行われるようになっていきます。延暦寺もその例から外れることが出来ず、次第に巨大な権威の固まりと化し、世俗と変わらない名利を競い合う場に堕ちてしまいました。