新著『綜學入門』を出版しました! 「まえがき」に次のように書いています。

「大量の情報が超高速で飛び交い、目が回るような変化が続く現代社会。その中で我々は、部分的な知識に頼り、気が付けば殻を作って自分の世界に閉じこもっています。断片的な価値観は、他人の考えを拒絶する自己本位な人間を増やし、社会 […]

日本政経倶楽部連合 併設・日本政経連合総研レポート第21号

◆指導者にインテリジェンスを生かせる器量と能力があるかどうか… 3月21日の政経倶楽部名古屋支部7周年記念例会で、江崎道朗先生のご講義を拝聴。先生は、安全保障とインテリジェンスがご専門の評論家。とてもインパクトのある内容 […]

「吉田兼好」はいなかった!?吉田神道家の捏造が明らかに!

世の中には「間違いの定着」という問題がときどき起こる。『徒然草』の作者は誰か、と問われれば「吉田兼好」と答えるのが常識なり。だが、なんと吉田姓は後世の捏造らしい。徒然草の講義のため、小川剛生(たけお)氏著『兼好法師』中公 […]

相互依存状態にある現代文明の脆さに対して、日本人に必要なこと

文明は進歩するほど、その仕組みと内容が複雑化する。複雑化は、相手国が存在しなければ、自国も生き残れないという相互依存関係を高めていく。 特に経済面がそうで、資源や資材、製品の輸出入、人財や労働力の確保等をはじめ、他国の生 […]

1万2千年間、日本人は何を思想したか~日本精神の起源と、その発展

日本神道の原型となった縄文神道 世界的に見て日本は、歴史の浅い国と思われているが、約1万年続いた縄文時代を含めると、黄河文明やエジプト文明、シュメール文明やインダス文明などの代表的な古代文明を、はるかに超えて世界最古とな […]

【時局講話配付資料】平成30年(西暦2018年)綜観 林英臣

◆世界を動かす3つの原理 (1)力の原理(武力)~チャイナは進出に本気。だが、まだ武力で米に敵わない (2)金の原理(経済力)~チャイナ経済が急成長。だが資本主義自体が限界に来ている (3)文明の原理~チャイナの野望と欧 […]