「提言」新憲法の制定は、いつ頃になるか(後編)

◇新憲法を創案する際に必要となる、普遍性と固有性◇ 国家の理念と骨格を示すのが憲法であるが、そこには普遍性と固有性が盛り込まれることになる。普遍性は人類共通の理想や目標であり、固有性は国家と国民が持つ個性や特性のことだ。 […]

「提言」新憲法の制定は、いつ頃になるか(中編)

◇日本は、まだ新しい社会秩序(SS)の誕生点に至っていない◇ 社会秩序(ソーシャルシステム、略してSS)の盛衰パターンを研究する文明法則史学では、明治維新(1868)から大東亜戦争敗戦(1945)に至る約77年間を、一個 […]

「提言」新憲法の制定は、いつ頃になるか(前編)

◇理念と骨格を示した国の原理・原則◇ 憲法は、国家の組織と機能を定めた最高法規であり、簡単に言えば、国家の目指すところ(理念)と骨格を示した国の原理・原則と言える。 社会秩序(ソーシャルシステム、略してSS)の盛衰パター […]

人が育つには時間がかかる

下記は、4月4日(土)の松下政経塾・第36期生入塾式で述べた祝辞で、松下政経塾「マンスリーレポート」4月号に掲載されました。 なお、「連載」は一回休みとさせて頂きます。

特集! 積極姿勢が求められる平成27年を、慌てないで「根を張る年」とするための心得七箇条

衰退が止まらないアメリカ、覇道外交を強めるチャイナ、経済危機に陥るロシア、台頭するイスラム勢力。その中で、戦後70年を迎える日本。 わが国は何を国是とし、どんな世界を創りたいのか。そして、日本の生き筋をどう確立すべきかが […]

「松下幸之助が求めていた政治家~龍馬は来んかった!?」

下記は松下政経塾「マンスリーレポート」11月号に寄稿した文です。 ※「35周年記念行事」は、9月5日(金)~6日(土)に開催されました。