その101 アメはエサに過ぎず、相手の狙いはムチに潜んでいる…

「智者の思慮は、必ず利と害をまじえている」という考え方は、味方が有利になるよう誘導する際にも用いられます。次のように、敵に対して利と害をまじえつつ巧みに仕掛けるのです。 ・敵の諸国を屈服させるには害を与える。 ・敵の諸国 […]

その100 利の中に害を思うは成功の元

何事であれ、それを通して利益のみを得るということは無く、必ずその中に何らかのマイナス面(失うもの)が潜んでいます。また、損害を被るばかりという事も案外少なく、その困難を通してプラスになる利点が伴っているものです。 そのこ […]

その99 損害の中から希望を見出し、転んでもただでは起きない!

我々の意識というものは、どうしても一方に偏ります。少し調子に乗ると、どこまでも利益が膨らむことを夢見、一部分でも巧くいかなくなると、このまま損害が出て終わってしまうのではないかと気落ちします。 指導者が、そんな単純な思考 […]

その98 地図を読み取り、勝つためのポイントを浮かび上がらせよ!

「九変」は、臨機応変による用兵の原則です。九変には大きな効用があり、その「利益に精通する将軍」が「兵の用い方を知っている」指揮官となります。 もしも九変に精通していない場合、たとえその将軍が「地形を知っていたとしても、地 […]

その97 九変の術を知らない将軍は危うい!

刻一刻と動いている状況に対し、着実に勝利のポジションを得られるよう、臨機応変に部隊を動かさねばなりません。そのための用兵の原則が「九変」であり、その補足に五原則がありました。 そこで、九変をもう一度おさらいしておきます。 […]

その96 指揮系統は一本でも、現場の柔軟な判断が認められていること…

九変の補足として五原則(第一から第五)が説明されましたが、孫子はさらに解説を加えます。念入りに述べることで、一層の注意を促しているのでしょう。 「そういうことから、道に通ってはならない場合が」あるというのは、そこに道さえ […]