No.109 人に疑われるのは、こちらの態度が決まらないから

8 国民的大理想の確立 昭和元年12月28日、今上天皇(きんじょうてんのう、このときの今上天皇は大正天皇)が皇位を継承され、その詔勅に「我が国の国是は日に進むにあり、日に新たにするにあり」云々(うんぬん)と宣(のたま)い […]

No.108 立て、立て、断固として立て!

我が国が抱える問題は、いろいろなところに積み重なり、今や空全体に満ち広がっている状態です。そのため国民は、塗炭(とたん、泥にまみれ火に焼かれること)の苦しみに悩まされています。その上、東洋の情勢は常に定まらず、日本の前途 […]

No.107 大日本丸の横に穴が開いている!

私たちの「大日本丸(だいにほんまる、船にたとえた日本国のこと)」は、威風堂々(いふうどうどう、威厳があって立派なようす)と大洋(たいよう、広い海のこと)の真ん中に進み出ました。でも、よく見ると、船の横に穴が開いています。

No.106 相手が非道だから、自分も非道を進むしかいない、という考え方は大間違い

7 一般国民の自覚 国民に向かって「覚めよ!」「目覚めよ!」という警鐘(けいしょう、警告のために打ち鳴らす鐘のこと)が、あまりに多く乱打されています。ところが、それで覚めたようすは、それほど見当たりません。

No.105 指導者階級の腐敗堕落によって、世の中が暗くなってしまった

我が国は、神代から現在に至るまで、3千年は続く素晴らしい歴史を持っています。一体それは、誰の力によるものでしょうか。忠義の家臣や正義の志士でしょうか。それとも軍人や学者、政治家でしょうか。あるいは、一般の国民でしょうか。

No.104 ある県庁で目撃した異様な光景…

◆下の人たちは魂を失い、熱意を捧げる対象が分からなくなる 明治天皇は、国家というものは国民精神が剛健でなければ興隆しないと断言されました。その大御心に反して、だらしのない贅沢(ぜいたく)な暮らしにふけっているのは誰でしょ […]