No.50 中心が確立して、はじめて物の存在が決まる

第5章 中心主義(中心に向かって一つにまとまろう) 立ち位置を日本に定めて生き、その上で世界に貢献(こうけん)する。これを大日本主義と言い、大日本主義には中心主義も含まれます。 中心主義とは、中心に向かって一つにまとまる […]

No.49 不思議なことに、我が国の名称は日本、国旗は日の丸

我が国は、太陽の精神で建国され、その原理に基(もと)づいて栄えてきました。これからも、この原理に則り、国内では同胞(どうほう、同じ国の人々)が仲良く生活し、外国の人たちとも連携協力(れんけいきょうりょく)して、ますます親 […]

No.48 だんだん仲良くなって、心に隔てがなくなる

11 抱擁渾一(ほうようこんいつ、大事に抱かれて一つに混じり合うようす) 宇宙を遍(あまね)く照らすほど、照り輝く神様が天照大御神(あまてらすおおみかみ)です。日本は、大御神の光のもとに多くの人々が集まり、一つに混じり合 […]

No.47 まず呑み込み、良いものは吸収し、悪いものは出す

何か新しいものが入ってくるときに、手放しに喜ぶのも、恐れてばかりいるのも、どちらもいけないことです。あるいは、はじめから嫌ってしまうのも、一種(いっしゅ)の心の降伏(こうふく)です。

No.46 修行が進むと、障害や邪魔が起こることがある

仏教の教典に、次のような教えがあります。 「仏教の修行を重ね、勉強が進むと、いろいろな障害(しょうがい)や邪魔(じゃま)が次々現れてくるものだ。それらに引きずられてしまってはいけないし、恐れて動けなくなるのもいけない。引 […]

No.45 先を行く人の失敗を見て、自分もそうならないよう戒めよう

10 思想尊重(しそうそんちょう、) この世に存在する、すべての物に意味があります。意味もなく、偶然(ぐうぜん、たまたま)現れる存在はありません。必ず、原因や理由があって発生し、物となり存在となり、そして結果となります。 […]