No.14 三種の神器(天照大御神が示された、誠と慈愛と正義の心)

不思議(ふしぎ)と思うほど尊(とうと)いことは、神代(かみよ)の太古に、天照大御神が孫のニニギの尊に三種の神器(さんしゅのじんぎ)という宝物を授けたことです。ヤタ鏡とヤサカニの曲玉(まがたま)とクサナギの剣(つるぎ)がそ […]

No.13 かんながらと日本人の道

そして、全体の幸福を考え、平和を建設するための第一の要素(ようそ)は、無私(むし)の心です。すなわち、私心(ししん、自分中心の心)を入れないことです。神の心には、常に私(わたくし)がありません。ただひたすら、日本国全体、 […]

No.12 神の国(八百万の神々が力を合わせる国)

鎌倉時代が終わった頃、我が国は朝廷が二つに分かれる南北朝の動乱時代に入ります。吉野に南朝、京都に北朝が、約60年間並び立ったのです。 南朝方に、公家でありながら武将としても活躍した北畠親房(きたばたけちかふさ)という人物 […]

No.11 第3章 平和主義(世界平和は日本人の使命)

「立ち位置を日本に定めて生きる」ことが大日本主義です。日本人であることに誇りを持ち、自分に与えられた使命を果たしていくのが大日本主義の生き方なのです。

No.10 天照大御神がはじめられ、神武天皇ご即位で完成

日本の国は天地(あめつち)と一緒だから、決して終わることがないという天照大御神のお言葉(天壌無窮の神勅)。その天照大御神がニニギの尊に授けた、三種の神器に込められたご精神。玉は愛情、鏡は誠、剣は正義です。

No.9 大和に都を定めた神武天皇

神武天皇は、天照大御神のご神勅に基(もと)づき、天皇による政治をおこそうとされたのです。でも、その考えを理解して、協力してくれる人々ばかりではありません。どうしても分かってくれなくて、仕方なく戦いになることもありました。 […]