No.105 指導者階級の腐敗堕落によって、世の中が暗くなってしまった

我が国は、神代から現在に至るまで、3千年は続く素晴らしい歴史を持っています。一体それは、誰の力によるものでしょうか。忠義の家臣や正義の志士でしょうか。それとも軍人や学者、政治家でしょうか。あるいは、一般の国民でしょうか。

No.104 ある県庁で目撃した異様な光景…

◆下の人たちは魂を失い、熱意を捧げる対象が分からなくなる 明治天皇は、国家というものは国民精神が剛健でなければ興隆しないと断言されました。その大御心に反して、だらしのない贅沢(ぜいたく)な暮らしにふけっているのは誰でしょ […]

No.103 上に立つ人々が、世の中を悪くしている

6 社会悪の根源 社会の現状は、善でしょうか、それとも悪でしょうか。もちろん善であり美である部分もありますが、全体的に観て醜悪(しゅうあく)ではないかと思われます。精神生活は常に不安であり、物質生活においても絶えず脅かさ […]

No.102 日本の行動は、自衛上の目的から起こされたもの

日本と韓国の併合(韓国併合・西暦1910年)も、自然の流れがそうさせたのです。日本は併合によって利益を得たとは言えず、韓国側の丸儲けが実態でした。論より証拠で、長い間圧政に苦しんだ韓国民は、今や堅実勤勉となり社会も安定し […]

No.101 世界地図を開けば、その大半が英・蘭・仏・米・伊・露・葡などの属領

5 帝国主義撲滅運動と日本(ていこくしゅぎぼくめつうんどうとにほん) 今日の世界の不安は、言うまでもなく帝国主義が根底にあります。世界平和を念願する者ならば、誰でも帝国主義的な侵略を不快に思うところです。ならば、一体誰が […]

No.100 創造すべきは大日本式の教育、大日本式の政治、大日本式の宗教

日本人よ、もっと稽古しましょう。まだまだ稽古が足りません。 稽古とは、古(いにしえ)を稽(かんが)えることです。原点に帰り、基本を繰り返すことを稽古といいます。稽古をしっかりやってこそ、新しい創造が起こります。