No.99 ロシア帝国崩壊後、その侵略主義はますます旺盛に

次にロシアはどうでしょうか。ロシア帝国(ロマノフ朝)は、すでに崩壊しました。しかし、露国の侵略主義は、ますます旺盛になっています。各地に大計画が進められ、中央アジアを支配し、外蒙古(現在のモンゴル国に相当)も圏内に入って […]

No.96 第一次大戦後、帝国主義的な膨張を進めた米英

英国は帝国主義の本場ですから、その実行は、いつも世界の先を歩んできました。そして、世界大戦(第一次)で英国の帝国主義はいよいよ完成し、全地球の四分の一を越える領土を占有するに至りました。それにも関わらず、今も武器を納めま […]

No.97 帝国主義は、戦争の後の講和で消滅させられるようなものではない

帝国と帝国主義の違いが分からないのは日本人ばかりではありません。支那人(チャイナの人)も間違っています。広東(かんとん)の国民党軍は「帝国主義の撲滅のために立て」と盛んに宣伝していますが、その一方でロシアの大帝国主義とは […]

No.96 帝国と帝国主義の違い

4 帝国主義と大日本主義 最高の学校を卒業した有為(ゆうい、有能で役に立つこと)の青年が、ある日私を訪ねてきて「先生、日本の帝国主義はいけませんね」と言いました。これには本当に驚かされたので、私から逆に「日本に帝国主義が […]

No.95 天皇の崩御は、ご天職に殉じられたのだから殉国

ここで一言付け加えたいことがあります。それは、天皇の崩御(ほうぎょ)は、国に殉ずるという「殉国」であらせられるということです。 我が国における天皇の御位(みくらい)は、権利としての立場ではありません。そのお役目は、誠に尊 […]

No.94 個人の発展と国家の隆昌は、必然的につながっている

これは我が子からの手紙です。そのとき私は支那の大連に滞在しておりました。 日本の紀元年数を知らない我が子に悲しい思いをしていた私は、この手紙を受け取って心から嬉し泣きしました。