No.87 知らず知らずのうちに、教育が国民精神を破壊しつつある

私たちは、日本の紀元を遠慮(えんりょ)することなく使いましょう。誰かに気をつかって、知らぬふりをしたり隠したりする必要はありません。紀元は、天地と共に変わらぬ国民の誇りです。

No.86 紀元~国の歴史を年数として数えることの尊さ

4 歴史的優越(れきしてきゆうえつ、日本は歴史が優れている) 我が国は、その位置する場所が優れているということを述べました。さらに、どの国と比べても歴史が優れています。 日本の歴史にも、皇室が身内(みうち)で争ったり、臣 […]

No.85 この二つの理由によって、日本は必ず世界に雄飛することになるだろう

日本列島が民族を養う場所として最善(さいぜん、最もよいこと)であったのは、決して昔の話ではありません。今後も日本は大使命を果たす上で、最も素晴らしい場所なのです。 現実に東西の文明(東洋文明と西洋文明)は、我が国によって […]

No.84 大和民族成長の地として、日本列島が選ばれた理由

3 地理的優越(ちりてきゆうえつ、日本は国を建てた場所が優れている) 鳥は卵を産む場所を、獣(けもの)は子を産む場所を選びます。また農民は、野菜や草花の苗(なえ)を育てるときに、土がよく耕されている発芽しやすい場所を選び […]

No.83 神風が吹くことを、あてにしていてはいけない

我が国体(こくたい、国柄)と我が民族の優秀さをフランス人が認め、日本と日本人の使命を誉(ほ)め称(たた)えてくれたという話をしました。 でも、一言注意しておきます。日本国民は、決して思い上がってはいけません。もしものとき […]

No.82 あるフランス人の見方~日本の栄光は、これから先にある!

フランス人のポール・リシャール氏が、次のように言われました。 「どの国よりも優れていて、栄誉(えいよ、輝かしい誉れ)ある日本国民の皆さん。どうか、すでに与えられている栄誉を自慢するのではなく、あなたの国に元々(もともと) […]