その61 戦いの火蓋(ひぶた)が切られる前の駆け引きが重要!

孫子は「先に戦地に到着して敵を待てば楽だが、後から戦地に到着して戦いに向かうと苦労する」と述べました。何事であれ、先に到着すれば有利なポジションを取れます。戦闘であれば尚更で、先着して敵よりも高い位置に布陣すれば、下(く […]

その60 早く着けば場の雰囲気に馴染み、主導権を握れる!

現場には先に到着せよということですが、式典や会議、講演会や勉強会など何かのイベントに参加するときも、開始ぎりぎりに会場入りするのではなく、少し早めに到着することを習慣にしたいものです。早く着けば気持ちに余裕が生まれますし […]

その59 現場には先に到着し、後から相手が来るのを待て!

先にも述べた通り、先手準備は勝利の基本です。何事も早めに準備することを習慣にすれば、直前になって慌てることが少なくなり、落ち着いて事に当たることが出来るようになります。 反対に、後手に回ることが増えるほど、足元しか見られ […]

その58 同志と力を合わせ、「維新回天の勢い」を起こすべきときは今!

こうして『孫子』兵勢篇では、「勢い」を起こすことの重要性を学びました。その最後に示されたポイントが2点あり、一つは自軍を一丸にまとめ、丸太や丸い石のような勢いを持たせよということ、もう一つは、それをよく転がる状況に置けと […]

その57 志士ネットワークの限界と、高杉晋作が英雄と呼ばれる理由

では、『孫子』兵勢篇の締め括りを解説しましょう。戦争は一丸となって行われる集団戦であり、個人同士のケンカとは全然違います。勝敗を決めるのは常に集団の「勢い」にあり、巧みな将軍は「勝利を勢いに求めて(個々の)兵士には求め」 […]

その56 有機的な活動体として一丸になって、天下国家の変革を成し遂げよ!

先に、サロンとパーティの違いについて述べました。単なる勉強会はサロン、世の中に大きな影響を与えられる活動体はパーティであり、両者は全然違います。前者は同学・同好の者が集う場に過ぎず、何かを催しても大交流会的なイベントで終 […]