No.75 かつて日本は、聖人のムラであり君子のクニであった

※前回(その74)の下記の文を訂正致します。 訂正前「また、クニのクは組む、括るのクで結合を、ニは煮る、似る、握るのニで段々一つにまとまっていく様子(一様)を表します。則ちクニは「長い時間を掛けて一様に結合した共同体」と […]

No.74 ムラとクニは日本的共同体

◇人が集まれば、それをまとめる統治機構が必要となる◇ 圧政に苦しむ人民を救おうと思うあまり、政治権力や国家そのものを否定する思想が起こりました。無政府主義(アナーキズム)がそれで、政府や国家さえ無くなれば、人々を苦しめる […]

No.73 権力者が不要の社会!?

◇原始共産的な村落共同体◇ 《老子・第八十章》 「小さな国家と少ない人民、そこに人の十倍・百倍も優れた器量の者がいても用いられないようにする。民には命を大切にし、遠くに移住しないようにさせる。舟や輿(こし)があっても之に […]

NO.72 1万人を動かすには、100人掌握している人を100人獲得せよ

◇選挙に頼らない民主政治がある◇ 幸せは仕合わせです。人生を共にし、互いに必要とし合い、生かし合う。そういう絆が無ければ、生きる喜びが湧いてきません。結局、人間の幸福というものは、自分を分かってくれる人たちと共に活動した […]

No.71 分かり合える人数は100人

◇小国寡民(小さな国と少ない民)◇ 理想の社会は、「小国寡民(小さな国と少ない民)。それが『老子』第八十章の結論です。人口は多ければ多いほど出会いが広がり、お互いの可能性が高まるものと考えている人にとって、この小国寡民は […]

No.70 人間にとって理想的な社会の規模とは

◇知人に出会って驚くか、知らない人を見て驚くか◇ 東京や大阪などの大都会の中で知人に出会うと、その偶然に大変驚いてしまいます。「こんなところで会うなんて、本当にびっくりしました。どこに知り合いがいるか分からないのですから […]