その43 より素晴らしい立志のため、文明の大局を観察しよう

第3章「知の文明法則史学、情の大和言葉、意の東洋思想」 ◆21世紀は、東西文明が交代する世界史激変の転換期◆ ◇より素晴らしい立志のため、文明の大局を観察しよう◇ 本章では、綜學の三本柱である「知の文明法則史学」「情の大 […]

その42 若々しい国民精神と、新しい国民文化、そして日本改新!

◆林英臣の徹底 「徹底」とは、本氣の幹(立志)から伸び広がる「人生の枝葉」のことです。枝葉を繁栄させるためには、知恵・工夫・戦略を伴う具体的活動が必要となります。諦めない継続力も大切です。

その41 弟子から聖徳太子級の指導者を育てたい

◆林英臣の大局 私の大局は、世界に広がっています。日本と日本人には、大転換期における世界の混迷を救う大きな役割があると信じているからです。 文明交代期のまっただ中にあって、世界人類全体の今後が本当に心配です。但しこのまま […]

その40 「君は塾生であると同時に塾長や。そういう覚悟でやってくれるか?」

【表層の原点1】筆者は高校2年生のある日、「21世紀は人類にとって困難な時代となるが、それを救うカギが東洋にある。おまえは東洋について学べ」という啓示を受けました。このインスピレーションが表層の原点となり、東洋学の研究と […]

その39 水準点をお墓と間違え、お線香を上げて祈る

高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文ら松下村塾の塾生たちは、師の吉田松陰から日本の将来を託されて志士となりました。筆者はどうかと言うと、「大和言葉の日本学」の師匠である河戸博詞先生、文明法則史学の師匠である村山節先生、そして松下 […]

その38 在野の者たちよ、志士となって立ち上がれ!

◆吉田松陰による徹底した啓蒙努力 松陰は、そこに人がいるなら、場所を選ばず持論を述べました。それは、牢獄の中でも、護送の途中でも徹底されました。野山獄では、同囚の人たちと孟子の輪講会を起こし、解説を加えて啓蒙に努めました […]