その16 兵士・物資・食糧、これらの輸送で国家は疲弊する

「戦上手は兵士を二度と徴用せず」。これは、兵士を一度徴発したら、その兵力で早期に勝つよう努め、繰り返し徴兵して国民を苦しめないという意味です。 「食糧は三度と運ばない」。こちらは、二つの意味が考えられます。一つは、戦争の […]

その15 食糧や飼料の現地調達が、なぜ重要だったのか

食糧輸送が大きな負担であった理由の一つに、輸送担当者自身の食糧も運ばなければならなかったこともあります。もしも輸送の往復に一ヶ月を要したとすれば、担当者一人につき一ヶ月分の食糧を上乗せして運ぶ必要があったわけです。そこで […]

その14 大陸での攻城戦が、攻める側に不利、守る側に有利であった理由

チャイナの城攻めは、日本とはかなり状況が異なります。日本の戦国時代などで行われた城攻めは、一般的に籠城した側が敗色濃厚となります。日本の城は、武士が構える砦が基本であって、城内に井戸や多少の食糧備蓄があるとはいえ、長期戦 […]

その13 陰の部分や、縁の下の力持ちを思い遣れ!

私たちは、どうしても派手で目立つところに目を遣ってしまいます。コンサートなら歌手ばかり見ていて、それを支える準備スタッフの苦労は見逃しがちです。スポーツ観戦も同様で、好きなチームと選手の活躍ばかり気にします。陰の部分や、 […]

その12 長期戦は避け、短期で終わらせるよう作戦を練れ!

続いて『孫子』第二篇の「作戦篇」です。戦争の勝敗は、戦場だけで決まるものではありません。攻めていく場合、戦場まで距離があるのが普通で、そこに食糧や物資をどう届けるかが重要になります。この補給路の確保という仕事は、とても地 […]

その11 勝算が多ければ勝ち、勝算が少なければ勝てない

勝てそうか、負けそうか。戦力が互角でない限り、それは開戦前に決まっています。いや、実力が伯仲していても、勝算を多く得られるタイミングというものがあります。戦う前に勝算をよく観て、決断を下すのが指導者の役割なのです。 《孫 […]