No.115 老朽化した日本を建て替えるときの順序

◇国民に阿(おもね)るだけの人気取り政治から決別せよ◇ 政治家であれば、名声や人気の有無を気にするのは当然ですが、それが行き過ぎて国民に嫌われることを極度に心配するようになりますと、いわゆる衆愚政治に陥る可能性が高まりま […]

No.114 こんな程度の政治家では、転換期には全然役に立たない

◇当選回数を重ねるのが目標の大臣病◇ 名誉といえば、大臣という名誉がどうしても欲しくて、その地位に就けるまで当選回数を重ねることを、第一目標にしている政治家が沢山いるようです。いわゆる大臣病に罹っている人たちです。当選回 […]

No.113 体を鍛えることと、心を高めることは二つならず

◇武士道も身体を重視した◇ 名誉や財貨よりも自分の体を大切にしなさい。聞き方によっては、まるで臆病な生き方を勧めている教えであるかのようです。成功への努力を放棄し、繁栄への欲望も捨て、ただ自分の命さえ守れたらそれでいいと […]

No.112 名誉や財貨を得たところで、生命を失ったのでは何にもならない

◇道家の「処世の心得」◇ 名誉や財貨など、名利に執着しないこと。そして、足るを知り止(とど)まることを知れば、危険はなく長く安泰でいられる。そういう道家の「処世の心得」を説明しているのが第四十四章です。

No.111 余分な事をしないほうが、却って有益となる

◇敢えてそっとしておき、自力の発揮を待つ◇ 「無為」という、『老子』における重要なキーワードが本章にも出てきました。「そういうこと(水が素晴らしい働きを持っているということ)から私は、無為が有益であることを知るのだ」と。

No.110 聞き上手3カ条

◇誰もが聞いてくれる相手を捜している◇ 水の浸透力は、一体どこから来るのでしょうか。それは、敢えて競わず、無理して争わない性質から来るのだと思います。わざわざ敵を作って、それを凌(しの)ごうとするのではなく、自然に相手に […]