その7 優勢なのはどちらか~それを見極める七つの視点

一に道、二に天、三に地、四に将、五に法。「五事」は勝つための基本です。これらを基に、孫子はどちらが優勢であるかを見極めてまいります。 《孫子・計篇その二》 「そこで戦う双方を比べ、情勢をきちんと計り、実情を求めよ。その見 […]

その6 こんな程度のことなら、とっくに知っているさ、と思ったあなたへ

勝利を得るための基本である「五事」の最後は「法」です。「法とは何か。それは、軍隊の編成、職分、主軍の用務などについての、組織的規律のことだ」と孫子は説きました。 「軍隊の編成」の原文は「曲制」です。曲には、細かい事柄、す […]

その5責任感や使命感があれば、威厳は必ず備わる!

「五事」の続きで、今度は「地」です。「地とは何か。それは、距離が遠いか近いか、地勢が険しいか易しいか、地域が広いか狭いか、地形が高いか低いかなど、地理的条件のことだ」とあります。 これらは、戦いの場所を知っておくことの重 […]

その4 政治理念や国家目標がしっかりしていないと、内部から崩れていく

では、少しずつ解説してまいります。まず「道とは何か。それは、国民と君主が同じ意志を持つかどうかという、政治的条件のことだ」という文についてです。 ここで言う「道」は、儒教的な「人の道」とは違います。「国民と君主が同じ意志 […]

その3 どちらが勝つかを見抜くための五つのポイント

『孫子』十三篇の最初は「始計篇」です。「計」は、「言」と多数を表す「十」の合字(会意文字)で、口で言いながら、まとまった数を計りかぞえることです。計略や計画という熟語がありますように、情勢をきちんと計り、それを表明するこ […]

その2 ナポレオンの座右の書『孫子』が、多くのリーダーを魅了した理由

かつてチャイナに、春秋時代と呼ばれる時代がありました。周王室の権威は次第に衰え、諸侯は互いに対立し、覇者が次々入れ替わります。下の身分の者が上の者を凌(しの)ぐという、下剋上が盛んな乱世に入っていたのです。諸国は、いかに […]