その54 衰亡の芽は好調なときに生ずる

両軍がぶつかり合う戦闘では、双方の兵士が入り乱れていき、敵味方の見分けが付きにくくなってしまう場合があります。しかし、そのままではいけません。個々バラバラな戦いにならないよう注意し、とにかく味方を分散させないことです。こ […]

その53 もつれて乱れたままではいけない

先にも述べましたが、戦闘というものは兵士が個々バラバラに戦っているようでダメで、部隊編成や指揮系統によって、統一された集団戦とならないと勝利を収めることは出来ません。それは、現代の経営や社会活動にも通用する大事な心得だと […]

その52 漢字の「氣」は、大和言葉では「ミ」や「ヒ」に相当

なお、日本人は「氣にするな」とか「氣のせいだよ」などと口にし、氣という漢字をハッキリしないものを表すときに用いていると述べました。それに対し、「氣」は実在するエネルギーであるとするのが中国人の考え方なのですが、日本人にこ […]

その51 人間が放つ「氣」には、大きな働きがある!

街角で有名人とすれ違ったとき、「今の人、確か誰それさんだよね?」と囁き合います。やはり画面で見るよりも、「生(なま)」で見るのはインパクトが全然違います。映像よりも生、録画よりもライブというわけで、実物に接することには、 […]

その50 氣を通してトドメを刺し、相手を圧倒する!

威力は質量よりも速度で増すのだから、スピードを付けて一点を攻めれば勝機を掴むことが出来るということを述べました。そこに、もう一つ加えたいことがあります。それは「氣(気)」を出すということです。 「氣」は「米」と「气」が合 […]

その49 攻撃ポイントへの一点集中が加われば、威力は格段に増す!

激しい水流が岩石を動かすのが「勢い」であり、鷹や鷲など猛禽類が獲物を捕らえる一瞬が「節目」であることを述べました。孫子は「勢い」と「節目」について、さらに次のように説明していきます。 「戦いの上手な者は、その勢いを険しく […]