その105 自分だけ幸せになっても仕方ない、ということに気付けるかどうか

自分だけが救われる小さな乗り物、それを「小乗」と言います。自分一人ではなく、仲間と一緒に救われていく大きな乗り物、それが「大乗」です。釈尊の説いた慈悲の心を実践するためには、当然のことながら大乗に立たなければなりません。 […]

その104 ああ自分は、なんて自己中心的で小さかったのだろう…

空海の説いた十段階の「心の進化プロセス」、それが「十住心論」です。「住心」は心の住むところであり、その第三住心まで解説しました。 第一住心は、道徳心や宗教心が乏しく、欲望に従ってのみ生きている動物的段階。第二住心は、道徳 […]

その103 心の進化、その十段階のプロセスが凄い!

空海の思想を集大成させた著書が『秘密曼荼羅十住心論』です。『秘蔵宝鑰』は、それを要約した本です。 『秘密曼荼羅十住心論』、略して『十住心論』には、空海による独創的綜合思想がよく示されています。「住心」は心の住むところであ […]

その102 密教の全てを学んだ空海は、日本への帰国を希望。そこにも運が働く!

後継者がおらず、憂いを抱えていた恵果の元に現れたのが、日本からやって来た空海でした。恵果は言いました。 「私は先頃から、あなたが長安に来ているのを知っており、ずっと心待ちしておりました。今日、こうして会えることが出来てと […]

その101 空海の乗った第一船と、最澄の乗った第二船のみが大陸に到着

空海にとって18歳から31歳までが、志の探究と修行の期間でした。そして、31歳か36歳までが、密教の奥義を修める時期となります。 東大寺戒壇院で受戒(具足戒)して出家し、遣唐使船に乗り込む用意を調えた空海は、数え年31歳 […]

その100 自由自在の力を身に付け、利他大乗に生きるための行

密教には、いろいろな行があるでしょうが、基本は「三密」です。「身密(しんみつ)」「口密(くみつ)」「意密(いみつ)」それぞれについて、要点を述べておきます。 「身密」は身体を用いる行で、その基本は「手」にあります。手には […]