その132 四タイプの組み合わせで自己観照してみよう!

(1)の「主観+表観」は、自分が感じた事を軸に、目に見える世の中に向けて働き掛けていこうとするタイプです。自分を信じ、実力・実績を重視する、政治家・事業家などがそれです。 (2)の「客観+表観」は、人間や社会はこうあるべ […]

その131 主観・客観・表観・裏観、それぞれの欠点を知っておきたい

「見」と「観」の違いについてですが、「見」が目で見るのに対して、「観」は見て考えること、即ち心で観ることを表します。心で観る以上、同じ物を見ていても、心がどう受け止めるかは人によって違います。同じ人であっても、その時時( […]

その130 要注意!ダメな子を排除する表観病、がんばり屋を認めない裏観病

それから、表観と客観についてです。文字通り、物事を表面から観るのが表観、裏面から観るのが裏観です。 表面を観るというのは、表に現れる値打ちや、目に見える価値を観ることです。人が相手ならば、その表面に出ている個性や特性、学 […]

その129 歴史を学んでも、少しも愛国心が生まれないのはなぜか?

主観と客観の説明を、もう少しします。どこか目立つところに、花が生けてあったとしましょう。沢山の人が通り過ぎる中、花を美しいと感じる人から、花の存在に全然気付かない人までいます。 主観に上(のぼ)らなければ無いのと同じであ […]

その128 客観的に事実を掴み、そこから主観的に問題意識を起こせ!

四元論を述べるときに外してならないのが「四観」です。四観は、「主観」「客観」「表観」「裏観」の四つの観方のことです。これらが融合されますと、四元論としての綜合的観方が形成されます。 景色や花などを見たときに、それを美しい […]

その127 王陽明の教え~明徳と親民は一つ、それをマトリックスで示すと…

この四元論を用いますと、今までいかに二者択一思考に囚われていたかに気付かされます。どれほど勉強しても、基盤が二元論のままでは、結局部分観から抜け出すことが出来ません。知識が増えれば増えるほど、思考が断片的になってしまう恐 […]