その97 空海の原点となった疑問・苦悩、さらに絶望とは…

空海(西暦774~835)は平安時代初期の僧です。唐に渡って密教を学び、真言宗の開祖となりました。 空海は讃岐の豪族・佐伯氏に生まれ、叔父で伊予親王の侍講である阿刀大足(あとのおおたり)から儒教を学びます。18歳で大学明 […]

その96 仏教が日本化して、どうなったか?日本仏教の特徴5点

仏教によって、日本人の心根が深まったと述べました。それは、仏教が日本化することによって成されたと言えます。日本仏教の特徴を挙げるならば、下記5点を外せないと思います。 第一は「現世肯定」です。元来は現世の苦痛を除き、輪廻 […]

その95 弱者や不器用者、病者や貧者をお救いしてこそ、釈尊の教えに叶う

釈尊はまた、「平等」の大切さを説きました。最古の経典である『スッタ・ニパータ』に、次のような釈尊の言葉が出ています。生まれによって賤しい人やバラモンになるのではなく、行為によって賤しい人やバラモンになる。 バラモンは祭祀 […]

その94 不完全な自分そのままでいいから、誰かの役に立つ生き方をしよう

仏教の話を聞いたときに、「小乗」「大乗」という言葉を耳にしたことがありませんか。釈尊が入滅して約500年経った頃、仏教界に革新が起こりました。それは西暦紀元前後頃のことで、自分ひとり救われて終わるのではなく、一切の衆生( […]

その93 人生観を向上させ、問題があれば、現世で解決しよう!

あらゆる結果には原因がある、というのも仏教の教えです。それを因果応報と言います。「因」は原因、「果」は結果、「応報」は自分の行為に応じて受ける報いのことです。善因には善果が、悪因には悪果が応報します。 この因果応報によっ […]

その92 無の本当の意味とは…。よく見れば、世界は「有」の連続体なり

ところで、本来の日本思想では、「無」(あるいは「空(くう)」)についてあまり言いませんでした。実在を尊ぶ日本人にとって、無という概念は馴染みがなかったのです。 無の意味を大和言葉で補足しておきます。無は訓読みすれば「ない […]