No.147 人間は個々バラバラではない

◇個体の終わりが、どこにあるのか分からない…◇ 念子の存在が分かりますと、人間は個々バラバラではないということが見えてまいります。個の確立や個人主義という考え方は、人の尊厳を守り、自立した人間を育てる上でとても重要ですが […]

No.146 「量子論」と念子

◇先祖から自分、自分から子孫へと続く血筋は、生まれ変わりの基本軸◇ 守護霊の話ですが、自分を守ってくれる念子の出所(でどころ)として、一番大切な存在はご先祖だと思います。登山で遭難して死にそうになったとき、「こっちへ逃げ […]

No.145 講義中に起こる、何かに導かれて喋らされているという感覚

◇念子が集まると「念子体」になる◇ 人にはそれぞれ、その人を守っている「目に見えない力」があるという話があります。自分を助けてくれる“不可思議な存在”です。真偽は兎も角、「自分にも、そういう力があるのだろうか? あるとす […]

No.144 いわゆる幽霊は、残留念子によって起こされる現象

◇お化けや悪霊は、全くの迷信ではない◇ 念子を基に、お化け(悪霊)をどう解釈するかについて述べておきます。 結論から言うと、生きているときと同等の精神活動を行う、いわゆる「死後の霊魂」なるものは存在しないでしょう。

No.143 マガツヒを呑み込んで直してしまう力量や器量

◇ナホヒとマガツヒは表裏の関係◇ もっとナホヒを増やして優勢にしなければ…、と述べました。単純に善悪で分ければ、ナホヒが善、マガツヒが悪ですから、ナホヒを多くするのが進化への道となります。でも、マガツヒを敵視すれば済むと […]

No.142 現代文明は、まさにマガツヒ文明

◇マガツヒも集めると大きな力になる◇ マガツヒも集めると大きな力になります。エネルギーが強まり、それを使って高い地位に就いたり、金儲けが出来たりします。「有名人になって何でも手に入れたい」、「金持ちになって羨ましがられた […]