No.141 未完成なところや不完全さは、実は伸び代(のびしろ)なり

◇念子にもレベルの違いがある◇ 先に述べた通り、人間は念子の放出体であると同時に、その吸収体でもあります。念子を出したり受け入れたりしながら、全うされるのが人の一生です。 その際、注意すべきことがあります。それは素直な心 […]

No.140 先人の念子が乗り移ると、普通では成し得ない創造力が発揮される

◇人にはそれぞれ、その人の天性と使命がある◇ 吉田松陰先生は、全身で考え抜いた意見のみを信じました。頭の中を巡らせただけの意見が、如何(いか)にあてにならないかを知り抜いていたのです。激動期の困難にぶつかったときは、身体 […]

No.139 人間の価値は、どんな念子を発して生き抜いたかで決まる

◇人間は、精神エネルギーの放出体◇ 人間の特徴は、その活発な精神活動にあります。感じたり、考えたり、願ったりした事を、絵に描いたり、物で作ったり、言葉に表したりします。他の動物に比べ、その創造性たるや格段に高いものがあり […]

No.138 囚われや拘(こだわ)りを超えた、真に自由な世界

◇「賢しらな輩」が国を傾け、国民を苦しめてきた◇ こうして老子の政治原理は、「賢しらの人為」を否定するところにありました。才能と欲望を、可能な限り結ばないよう促したのです。 才能には高低の差があり、欲望には公私の違いがあ […]

No.137 晋作のような人物が、100人出てきたら日本は変わる

◇幕末志士たちも、道家の教えを身に付けていた◇ 幕末の志士たちが活躍出来たのも、道家の教えを身に付けていたからです。その代表格である高杉晋作の漢詩を紹介します。 「万物元来始終あり 人生況(いわん)や百年の躬(きゅう)少 […]

No.136 賢の脆(もろ)さ、愚の強さ

◇賢しらだと、知識や能力を自分中心に使ってしまう◇ 人民は賢くさせるのではなく、愚かにさせよ。そう教える『老子』第六十五章の内容を、そのまま肯定する人は少ないでしょう。人民を愚かにさせよとは何事だ、教育で知識や智恵を身に […]