No.129 熱意は大事、強い願いも必要だが…

◇勝とう、勝とうと思うほど負けてしまう◇ 相手に勝とう、勝とうと思うほど負けてしまう。お客様に売ろう、売ろうと 迫れば買って貰えない。そういうものだから、もっと肩の力を抜いて楽に行け。 先輩や上役は、スランプに陥った後輩 […]

No.128 大きな成功の要諦は、小さな事を成功するまで続けるところにある

◇「辛酸を嘗めた昔の苦労が、その後の自分の基礎になる」◇ 松下政経塾「五誓」第一条「素志貫徹の事」の中に、「成功の要諦は、成功するまで続けるところにある」という言葉があります。塾では、毎朝これを唱えました。成功の秘訣は、 […]

No.127 顕在化しないうちに処理し、乱れないうちに治めよ

◇まだこれから進化発展出来るという「柔軟な器」が欲しい◇ 第六十四章の意味を少しずつ述べてまいりましょう。「安定しているものは保持し易い」。安定の意味は、先にも述べたコマの例え話の通りです。中心軸にブレが無く、活発に動く […]

No.126 既に限界に達した現代文明

◇成功しても幸せにはなれない◇ 小さい内に処理すれば、何事も難しくない。これは前章で学んだ心得ですが、第六十四章にも同様の内容が出てきます。物事を進める上での注意事項が、さらに示されているのです。 例えば、焦らないで一歩 […]

No.125 楽なときほど慎重に対応せよ

◇楽な仕事や動作は、誤魔化しが殆ど利かない◇ 「こういうことから聖人は、躊躇(ためら)いながら慎重に、易い事を難しい事と(して対応)する。かくて、終生困難が無いのである」。 これが本章(第六十三章)の締め括りです。 「こ […]

No.124 外交は防衛の最前線

◇一番の脅威は膨張する中国に移行◇ 大東亜戦争後、(極論を言えば)日本の外交はアメリカ追随で事足りました。西側諸国の盟主であるアメリカに、ただひたすら付いて行けばよかったのです。 脅威となる相手国(仮想敵国)はソ連のみ。 […]