体を張り、トップの代わりに死ねるのが側近

おはやうございます。
明日・明後日は、岡山と四国中央で講義します。

岡山「大和言葉の世界観」講座
日本人としての感性や霊性を磨くための、とっておきの講座です!
五感と第六感、肯定観の大切さ、主観・客観・表観・裏観 他
日時:7月6日(金)午後1時~2時半
会場:サン・クリニック アイナリーホール(岡山市中区中井248‐8)
申込:電話086・275・9501(月~金 10:00~17:00)

四国中央立志会
社員・中堅対象7月6日(金)午後7時~9時
「二宮尊徳に学ぶ日本人の生き方・考え方」第9回
ただ人に意見するだけでは聞いて貰えない、ではどうするか。
出たとこ勝負ではダメ、ゴールを想定してから事を起こせ。
世のため人のため、財を惜しむな、命を惜しむな。 他

☆社長・幹部対象7月7日(土)午前9時~12時
あの西郷隆盛が心酔! 幕末維新志士たちの共通の師「佐藤一斎」
その著『言志録』に学ぶ修養と処世の基本
其の一 運命とは何か。天命に生きるとは。志をどう立てるか。 他

会場:二日間とも ホテル グランフォーレ(四国中央市三島朝日)
会場お問い合せ 電話0896・23・3355(ホテル グランフォーレ)

●日記● 平成24年7月2日~4日

★☆林塾「政治家天命講座」第7期・関東7月例会で講義

7月2日(月)、林塾「政治家天命講座」第7期・関東7月例会で講義。坐骨神経痛のため、まだ長くは歩けず、立っていると足が痛くなってくる。そこで、柿沼貴志塾士補(第6期卒・行田市議)に車で東京駅まで送迎して貰った。

本日は、塾士・塾士補・塾員・塾生ら約20名が参加。熱意を込めて、中国思想概論(儒家・道家・法家・兵家)を講義出来た。

★☆インドネシアの子供たちが、喫煙の害を受けている

7月3日(火)、自宅の神棚の清掃と、お供物交換などを行う。何度も踏み台に昇り降りしながら行う、約1時間の作業だ。

先月は足腰が痛くて出来なかったが、今月は大丈夫だった。清掃が終わると、神様のパワーが高まっているのを感じる。

夜、NHKの特集番組を見て驚いた。インドネシアの子供たちが、喫煙の害を受けている。アメリカのタバコ会社による、徹底した広告宣伝が原因だ。

タバコによる健康被害が常識化したアメリカでは、もうタバコが売れなくなっている。禁煙運動で、国内では広告すら出来ない状況だ。

そこで目を付けたのが、人口2億4千万(世界第4位)のインドネシア。インドネシアにはタバコに関する規制が無いから、未成年者でも買える。

当然のことながら、子供の喫煙者が増えていく。それが、将来に渡る市場の確保につながるのだ。

アメリカの次の狙いは、中国だと言っていた。まるで、阿片(アヘン)を清国に広めた、かつての英国のようだ。

企業倫理に欠けた膨張資本主義は、どこまで地球と人類を蝕んでいくのか。新しい文明の方向性を、早く世界中に示さねばならない。共生文明の創造、高徳国家の建設、公益経済の確立が、その基本となるだろう。

★☆体を張り、トップの代わりに死ねるのが側近

7月4日(水)、民主党が荒れている。急に膨らんだ組織は萎むのも早い。

もしかして野田首相には、本当の意味の側近がいないのではないか。言われたことをやるだけではなく、案件に対して先回りして手を打ち、トップを補佐していくのが側近の役割だ。

体を張ることを求められ、大袈裟に言えば、トップの代わりに死ねるのが側近だ。そして、成果はトップに譲り、失敗は自分が被っていく。

その分、トップは側近に、絶大の信頼を寄せねばならない。「トップは誰よりも、この自分を必要としてくれている」という感激が、側近にとって何よりの支えなのだ。

そうした心得をまとめた、「側近学」CDが日本経営合理化協会から出た。6月26日(火)の発売でありながら、同社6月度「売れ筋トップ10」の第一位となった。真の同志を求めている経営者が、本当に多いのだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★CD出版「林英臣の《側近学》」日本経営合理化協会
ご注文はこちらから→   http://www.jmca.jp/prod/1962.html
視聴サンプル(約6分間)があります。綜観の元氣な声をお聴き下さい。

また、8月29日(水)に郡山(福島県)、12月4日(火)に東京で「側近学」ワンデイ・セミナーを開催します。
詳細お問い合わせ→ 090-2436-0027(綜學社事務局長 野地数正)
info@kajiblue.com