小沢一郎氏が新党「国民の生活が第一」を結成

こんばんは。今夜は下弦の月ですが、あいにくの雨天です。

◆小沢一郎氏が新党「国民の生活が第一」を結成しました。
野田首相にしてみれば、これで随分動きや易くなったのではないでしょうか。

でも、まだ鳩山元首相という獅子身中の虫がいます。
鳩山元首相が野田首相にあれこれ文句を言っていますが、自分の不手際を棚に上げて、今更何を言うかという思いがします。「自民党野田派」と揶揄されようが構うことなく、自民党の質のいい政治家と組んで、難局を乗り越えたらいいと思います。

それにしても、やはり日本には、二大政党制は向いていませんでした。
早く中選挙区制に戻し、しっかりした理念を持った政党が育つようにしたいものです。

おそらく、これから数年間、政界は群雄割拠となります。
離合集散が繰り返される中、やがて中心軸を担う勢力が明らかになるでしょう。

なお、欧州の動揺や中国の混乱によって、一時的に通常の経済活動が機能しなくなる事態が起こるかも知れません。膨張資本主義の終焉です。最悪の危機を想定した上で、国家を存続させ国民の生命を守るのが政治の第一義になるでしょう。

◆6日(金)は岡山大和言葉講座と四国中央立志会・社員セミナー、7日(土)は四国中央立志会・社長セミナー、9日(火)は東林志塾(浜松)で講義しました。

そして、明後日13日(金)は日本JC印刷部会で講義(東京)、14日(土)は政経倶楽部連合会・東京千葉合同例会でスピーチします。

また、15日(日)は広島、16日(月)は神戸で講義があります。
詳細はこちら→  http://www.hayashi-hideomi.com……/1033.html

◆先月3週間休んだことにより、過労がかなり改善し、体力が戻って来ました。お陰様で、以前に増して元氣な講義が出来るようになったと思います。

ただし、油断したら同じ事の繰り返しになってしまいます。
完全回復までは、講義終了で失礼することが多くなりますことをご容赦下さい。