経営者とは、思想を具現化する人のこと

こんにちは。今日は二十四節気の「大雪(たいせつ)」。
綜観が会津に行くと必ず雪になりますが、明日はどうでしょうか。

会津立志セミナー20周年記念講演
12月8日(土) 開場午後1時半 開会2時 懇親会5時15分から
「保科正之」三代将軍家光を助けて、徳川政権を盤石にした名補佐役。
不撓不屈の精神で逆境に耐え、苦難を超えていく会津人の生き様とは。
会場:会津若松ワシントンホテル 参加費:3000円(懇親会5000円)
詳細 → URL: http://www.lisshi.com
(事務局・野口さん) 

◆5回の特別連載「日米関係と日中外交、そして自立への道」の文中で触れた文明論について、もっと学びたいという声を頂きました。
丁度いい入門講座が下記の通り開かれますのでお気軽にお運び下さいませ。

サン・クリニック アイナリーホール特別講演会 12月15日(土)
西洋物質文明の行き詰まり、地球環境の破壊、膨張資本主義の限界…
EUの凋落、アメリカの衰亡、中東のイスラム回帰、中国の台頭…
今、世界を覆う不安と混乱は、この文明論によって予測されていた!
文明800年周期論(法則史学)を知れば、日本は必ずよみがえる。
そして、あなたのこれからの役割が、きっと見えてくる。
世界情勢を知らなくてもOK、歴史オンチ大歓迎!勇気がわき元気が出ます。
日時:12月15日(土)午後1時~4時 参加費:1000円
会場:サン・クリニック アイナリーホール(岡山市中区中井248‐8)
申込:電話086・275・9501(月~金 10:00~17:00)

●日記● 平成24年12月5日

★☆経営者とは、思想を具現化する人のこと

12月5日(水)、昼過ぎまで東京文京区湯島の定宿ホテルでデスクワーク。
近くの台湾料理屋で定食を食べてから、妻恋神社・妻恋稲荷に参詣。

夜は経世志塾で講義、会場は湯島天満宮参集殿。
今日から新シリーズに入る。テーマは「経営の神様は、こう語った」。

経営の神様とは、申すまでもなく松下幸之助翁のことである。
松下翁は、昭和の大思想家であったと思う。目の前に誰かがいれば、宇宙のこと、人間のこと、日本のことなどについて、「わしは、こう思うんや」と、本質的な議論を始めてしまう。

経営者とは何かと言えば、思想を具現化する人のことだと思う。
松下翁を見習って、トップは、もっと社員に夢や理想、志、本願を語ろうではないか。

がんばれ日本! がんばれ経営者!

どういう事業がしたいのか、我が社をどんな会社に成長させたいのか、社員にはどう成長して貰いたいのか、社業を生かして地域や日本に貢献するなら何をしたらいいのか、などということを熱心に語るのだ。

資金繰りや人事の調整、クレーム対応、お得意先への挨拶回りなど、目の前の仕事に追われるのが経営者の日常だ。何枚もの皿を落とさないよう動き回っている、曲芸の皿回しのような忙しさがある。

どうしても短期的なことにあくせくしてしまうからこそ、本質的なことや長期的なことを口にする習慣が必要となるのだ。
がんばれ日本! がんばれ経営者!