変わらない場所があることで、地域は守られていく

こんばんは。明日の東京講義(経世志塾)の準備を終えました。
立春(4日)が過ぎたと思ったら、今夜は大雪の予報。雪で遅れが出ることを想定し、明日の新幹線を変更。いつもより1時間早めに乗ることにしました。

新規スタート!経世志塾(東京)2月6日(水)午後6時~9時
経営者・リーダーを対象とする東日本随一の「日本的経営の根本道場」
「経営の神様は、こう語った」第2回

混沌とした日本、今こそ松下幸之助翁の原点を知り新しい道を開く!
困難というものは、やらんといかんと勇気を持って心に決めれば何でもないことや。政治家養成塾(松下政経塾)をやるべきかどうか、迷っているんや。
さらに、国際情勢や政局などの時事問題、「経営問答」に話題を広げ、縦横無尽に「林節」を講義!
会場:湯島天満宮 参集殿(文京区湯島)
参加費:5000円
事務局:株式会社 國立 関根國哲さん
fax 03-3802-8075 keisei-08@kunitachi.co.jp

会津立志セミナー・国難を突破するリーダーの考え方
2月7日(木)午後6時半~9時

「松下幸之助」~経営の神様に学ぶ「心の経営道」
会場:アピオスペース 参加費:4000円
詳細 → URL: http://www.lisshi.com
(事務局・野口さん) 

●日記● 平成25年2月2日~3日

★☆合計110歳になる我々夫婦も、駆け出しの青年部員

2月2日(土)、溜まっていた庶務が終わり、やっと年末年始の業務を越えることが出来た。これで来週から、通常の仕事ペースに戻れる。

2月3日(日)、寒さの緩んだ節分となる。
今年、町内の氏子総代会の役が回ってきた(2年間)。
今日は蒲神明宮の末社である、五社稲荷と三社稲荷の例祭。
これに夫婦で参列し、当番として直会の準備と片付けをした。

35名ほどの氏子代表が集まったが、その8割が高齢者。
その中に入ると、合計110歳になる我々夫婦も、駆け出しの青年部員。
あごで使われ、下っ端扱いされるのは当然だ。

変わらない場所があることで、地域は守られていく

蒲神明宮は、伊勢神宮からの勧請が大同元年(806)と伝わる浜松一の古社。
境内末社も古いものが多く、五社稲荷は応仁の乱のはるか以前、三社稲荷は応仁の乱の少し後の創建であるらしい。5百年以上の昔から、地域の氏子によって継承されてきた祭祀に参加出来、本当に清々(すがすが)しかった。

神明宮が鎮座する蒲地区は、綜観の子供の頃までは田畑が広がっていた。
今は都市化し、すっかり神社周囲の景観は変わった。その中で約2800坪あるという境内は、御神木(楠)をはじめとする高木に覆われていて、昔と殆ど変わっていない。変わらない場所があることで、それがより所となって地域は守られていくのだろう。