人を信じられる国が、一番幸せな国

こんばんは。関東は真夏日の暑さなのに、東北はコートが欲しい寒さ。
寒暖の差が激しい中を遠征してまいりました。

今日は本暦(旧暦)では八月三十日。明日は九月朔日(ついたち)です。
「ついたち」とは月立ちのことで、新月の日を指しています。

◆明日は京都で、学生・青年を対象に講義します。

☆現代版 松下村塾
もし現代に松下村塾があったなら next japan dialogue 連続4回講座

第3回のテーマ:松下村塾から日本が変わる! ビジョンが大切な理由
日時:10月5日(土)午後2時~6時 終了後交流会あり
会場:ちおん舎(京都市中京区衣棚三条上る突抜町126)
詳細チラシ→  http://www.sougakusha.jp/archi……/1108.html
お申込・お問い合せ:090・1151・0954(大久保信克さん)
next.japan.dialogue@gmail.com

◆林塾の年内の選挙予定です。何卒宜しくお願い申し上げます。
10月27日投開票・松尾 崇塾士(3期生・神奈川県鎌倉市長選挙)
10月27日投開票・出田裕重塾士(5期生・兵庫県南あわじ市議会議員選挙)
10月27日投開票・冨安正直塾士(5期生・福岡県苅田町長選挙)
11月17日投開票・下田 寛塾士(6期生・佐賀県鳥栖市議会議員選挙)
11月投開票日未定・五味伸亮塾士(7期生・香川県観音寺市長or市議選挙)

●日記● 平成25年10月1日~3日

★☆人を信じられる国が、一番幸せな国

10月1日(火)、今日はデスクワークと明日の講義準備などを進める。

幕末に日本にやって来た西洋人は一様に驚いたという。
この国には、言い争いや罵り合いが少ない。よく笑い、笑顔が素晴らしい。
子供も、おもてなしの心を持っている。正直で嘘をつかない。
無人の店から品物を持ち逃げするような者がいない。

鍵の無い部屋の机の上に、貴重品を置いたままでも盗まれない。
外套(がいとう)をクリーニングに出すと、ポケットに入れたままの小銭がちゃんと返ってくる・・・などなど。国民性が、とても素晴らしかったのだ。
(参考:『逝きし世の面影』渡辺京二・平凡社)

人を信じられる国が、一番幸せな国だ。かつて日本はそういう国だった。
真の日本を取り戻そう。

今、世界は行き詰まっている。膨張や対立を導くばかりの価値観では、もう未来は創造出来ない。日本の再生は、日本の心の再生に他ならぬ。
大丈夫、種火はある。ドンと性根を据えてかかろう。

★☆論語の「義」と、経営の「利」

10月2日(水)、東京・経世志塾(長屋貢司代表世話人)で講義。
日本資本主義の父と言われた「渋沢栄一」の経営思想について話す。

渋沢翁は近代国家の建設のため、約500社の企業と、約600社の社会事業団体を起こした。論語が教える「義」の精神と、経営に必要な「利」の心得の両立が、渋沢翁の理念の基本であった。

この日、関西方面から4名が参加。神戸座会の世話役を長く務めて下さった湊善昭さんもその一人。林塾からは、福丸塾士(1期)、古賀塾士(5期)、小川塾士(6期)、藤田塾生(8期)が参加。

◇「地球の危機がやってきた、悪者たちをやっつけろ」◇
【今日の言葉】
4歳の孫が「ヂイヂは大きくなったら何になるの?」と質問してきた。
答えに詰まっていたら「仮面ライダーになるといいよ」と言う。

そういえば綜観(林)の子供の頃、流星少年パピィというテレビ漫画があった。
主題歌に「地球の危機がやってきた、悪者たちをやっつけろ」という歌詞があった。随分その影響を受けていた気がする。

昨日、横浜で踏切内に倒れていたお年寄りを助けようとして、電車にひかれて亡くなった女性がいた。困っている人を見ると、見て見ぬふりが出来ない優しい子であったと父親が話されていた。

仮面ライダーでもスーパーマンでもいいから、そういう人助けをする人をこそ助けてやって欲しいと心から願う。誠に残念なことであり、心からお悔やみ申し上げます。合掌

★☆集中力と継続力、武士道には両方が必要

10月3日(木)、政経倶楽部連合会・第106回東京例会に参加。
講師は自民党衆議院議員で、前経済産業大臣政務官の平将明氏。
日本が抱える諸問題に対して、テキパキと持論を述べて下さった。

綜観も約10分の時間を頂き、講義の感想などを述べた。
林塾から、福丸塾士(1期)、伊藤塾士(5期)、藤田塾生(3期)が参加。

その後、会津若松に移動し、会津立志セミナーで「武士道」第3回の講義。
今日は「葉隠武士道と狂気」をテーマに2時間半話す。

武士は大事な場面で後れを取らないよう、普段から「集中力」を磨いておかねばならない。いつでも刀を抜ける瞬発力だ。

それと同時に、「継続力」をも養わねばならない。狂気を一生貫く持続力だ。
そのために武道の稽古に励み、学問を積み、イメージ・トレーニングにも精を出した。

集中力と継続力。その両立の必要性を教えている武士道書が『葉隠』である。

会場は、ほぼ満席の熱気。3人の世話役(野口さん、宮森正芳さん、猪野真理さん)の和親協力の賜だ。綜學社から野地数正さん、林塾から渡邊勝幸塾士(7期)が参加。