人間世界は、情と念で動いている

おはようございます。
昨日の勤労感謝の日は、全国各地の神社で「新嘗祭」が行われました。
宮中の新嘗祭は、皇祖天照大御神と今上天皇が霊的に一体化されるお祭りです。

明治6年の西洋暦採用までは、本暦(旧暦)十一月の「下の卯」の日(毎月二回目の卯の日)に新嘗祭が行われてきました。丁度その頃が冬至にあたるので、冬至のお祭り(太陽復活祭)に重ねられていたのだと思います。

今年の場合、12月19日が十一月の下の卯で、その3日後の22日が冬至となります。この間にお祈りすれば元氣一新、いい新年を迎えられるでしょう。

◆19日の林塾「政治家天命講座」(九州)、20日の岡山特別講座、21日の広島文明維新塾の3連戦を終え、22日に浜松に戻っています。

◆21日夜は、綜観の守護をライフワークの一つにしてくれている浄念師と、1年半ぶりに京都で会いました。いつも遠隔から守ってくれていますが、そろそろ会いたいと思ったら、間髪を入れることなく連絡が来ました。

人間世界は、情と念で動いています。
好き嫌いという情、妬みや怒りの念。これらで政治や歴史は動きます。
理屈や理論は常に後付であることを知らねば、世界は動かせません。

日本改新と文明維新を志し、各地を講義して回れば、いろいろな情念を受けることになります。それを浄めてくれる浄念師がいるのは有り難いことです。

◆25日(木)の京都から、今月3回目の西日本遠征に向かいます。
この間、綜學社法人化の準備などを進めてまいります。

京都で学ぶ平成志士学~綜學講座 11月25日(木)午後7時から
武士道~「山鹿兵学」と「葉隠」に学ぶ覚悟と本氣
研修の狙い→迷ったら命を賭けられるほうを選んだサムライの心を知る
会場:五條英徳舘 講義所 
参加費:法人ビジター5500円 個人ビジター3500円
※パンフレットをご覧頂けます(会場の英徳舘の写真入り)
http://www.hayashi-hideomi.com……yo2010.pdf
お問い合せは→ sougakumusubi@yahoo.co.jp (綜學社 三浦有貴さん)

11月27日(土)、日本商工会議所青年部「全国会長研修会」統括講演
於:香川県高松市 時代を拓く立志の経営~今こそ経営「志」源の開発を!

今啓林会(神戸)11月29日(月)午後6時30分~9時
「逆境を生き抜く東洋の英知・第八回、晏子 大好評!其の三」
中国の乱世に生きた名宰相が示す「治国平天下の要諦」
春秋時代・斉国三代の君主に仕えた晏子に学ぶ「側近の心得」
小柄な晏子、外交で小者扱いされて何と応えたか
会場:神戸一宮神社 社務所 ビジター3000円
電話078・242・3399(今啓パール(株)今井啓介さん)