5連戦の講義に一所懸命

こんにちは。広島から浜松に帰る新幹線の中から配信致します。
20日(火)と21日(水)は、伊勢で林塾・第10期がスタート。
五十鈴川で禊ぎをしてから、内宮に正式参拝します。

◆林塾出身者・選挙のお知らせ。原大本徹を練り上げた志士政治家たちです!
1月18日投開票:松本隆史塾生(9期生、和歌山県御坊市議選)
3月末予定:川崎朋巳塾生(9期生、山形県上山市議選)

●日記● 平成27年1月18日

★☆5連戦の講義に一所懸命

13日(火)の浜松・東林志塾から始まり、
14日(水)の政経倶楽部・広島支部例会、
15日(木)の政経倶楽部・名古屋支部例会、
16日(金)の神戸・今啓林綜學会、
17日(土)の広島文明維新塾へと続く5連戦の講義を終えました。

それぞれ一所懸命講義出来たと自負しています。
本当に世話役の皆様のご尽力のお陰です。御礼申し上げます。
林塾からは、西川塾士補(14日)、水野塾士(15日)、上田塾士(16日)、荻村塾士(17日)が参画してくれました。

◇奉公人の4タイプ◇

奉公人に4タイプがあると『葉隠』に出ている。

「急急(きゅうきゅう)」は、反応(返事)が早く、行動(成果)も早い。
「だらり急」は、反応は遅いが、行動が早い。
「急だらり」は、反応は早いが、行動が遅い。
「だらりだらり」は、反応が遅く、行動も遅い。

急急が一番いいが、滅多にいない。
だらり急は、慎重派として信頼出来る。
急だらりは、最も迷惑な存在となる可能性がある。
だらりだらりは、組織に一番多いタイプだろう。

それぞれの天分(天から頂いた我が持ち分)を生かすしかあるまい。