新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は誠にお世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

◆皆様から年賀状を頂戴しておりまして、どうも有り難うございます。
綜観は、本暦で賀状を出すことを習慣としています。
今年の本暦一月一日は、2月3日の節分の日にあたります。
その頃にお送りしますことを何卒ご了承下さい。

◆中小零細企業にとって厳しい経営環境が続いています。
年初にお会いした皆さんから、異口同音に経営の苦労話を聞きます。

東西文明の交代、膨張資本主義の終焉、日本の「新しい社会秩序」の夜明け前という三大転換期が重なる中にあって、活力低下をもたらす人口減少・少子高齢化、さらに円高やデフレ・スパイラルが襲いかかっているのですから本当に大変です。

この重層的な変化の中で、皆さん一所懸命努力されています。しかしなかなか成果が上がらず、真面目な経営者ほど、何とか持ちこたえようとしてもがき苦しんでいます。

こういう「四面楚歌」状態のときは、一体どうしたらいいのでしょうか?
一つは「今出来ること」を実行する姿勢が大切です。その際、他人(他社)の良いところを真似し、自分の足りないところ(欠点)を補う工夫が必要となります。

もう一つは、活きた学問によって人生の中心軸を確立することが求められます。
綜観は、大変な時代だからこそ、信念や理念を養うための根本的な学問が必要だと思っています。人生の「種」や「根」に、水と肥料を遣るための学問です。

「種」は自分の原点であり、「根は」どこまで我が事と思っているかという大局です。あらゆるものが変化する時代だからこそ、経営者の思想・哲学という原点を定め、世界と日本のあるべき方向性を掴まねばなりません。そこに、困難を打開する道があるはずです。

そのための学問ですが、「枝葉」に肥料を遣るような内容ではもの足りません。
いきなり枝葉に向かい、直ちに花と実を求めるのは、いわゆる成功テクニックの研修です。それも有効ですし、緊急事態に対する応急処置としての工夫も重要です。

でも、転換期においてお客様と市場に深い根を張れるのも、知恵や工夫が生きるのも、種(原点)や根(大局)に十分な肥料が注がれ、幹(本氣)がしっかり確立されていてこそであります。小賢しいテクニックのみで乗り切れるような時代ではないということを、はっきり自覚しておきましょう。

これから、あらゆる分野に巨人が登場します。大人物は、深い原点と広い大局、つまり「大きな願い」を抱いています。願いの大きさが、偉大な人間を育てるのです。今年も、そういう志士人物を生むための講義に努力してまいります。

◆明日・明後日は岡山と四国で講義します。

岡山「母親になったら学びたい大和言葉講座」
こんなに面白い日本語の特徴。日本人の自然観と言語の関係
日時:1月7日(金)午後1時~2時半
会場:サン・クリニック アイナリーホール(岡山市中区中井248‐8)
申込:電話086・275・9501(月~金 10:00~17:00)

四国中央立志会 
社員・中堅対象1月7日(金)午後7時~9時 
参加費:2000円(初回無料)お陰様で参加者がどんどん増えています!
「松下幸之助に学ぶ人生発展の心得」第8回(最終回)
困難を乗り越える生き方・考え方を、松下翁の教えから分かり易く解説します
※使用テキスト『人生心得帖』PHP研究所、『すべては志からはじまる』

社長・幹部対象1月8日(土)午前9時~12時
参加費:2000円(初回無料)
「大和言葉の人生観・第十一回、オホヤケ(政治観)」
松下幸之助に学ぶ人生観 其の二
松下幸之助翁の、ものの見方・考え方・感じ方・行い方の神髄に迫る
民主主義の本質とは。多数知と衆知は違う。文化を測る三つの基準 他
会場:ホテル グランフォーレ(四国中央市三島朝日)
詳細お問い合せ 電話0896・23・3355(ホテル グランフォーレ)