アマ(宇宙)、トキ(時間)、ソラ(空間)、そしてイマ(現在)

こんばんは。この頃、「経済」を掴むことの大切さを痛感します。
現代文明は、環境問題よりも、膨張資本主義が行き詰まって崩壊するのではないかと心配でなりません。

◆来週は、浜松、会津、岡山で講義します。是非ともお運び下さい!
☆東林志塾(浜松)6月9日(火)午後7時~9時00分
シリーズ講座「江戸日本学」第十一話
進化型“江戸経済”への道~膨張資本主義から公益経済へ(2)
金銭の多寡で人を評価せず、お金の奴隷にならない江戸の心意気。
会場:21世紀倶楽部(静岡新聞社・静岡放送プレスタワー)
参加費:オブザーバー3000円
電話053・473・5715(事務局・野上孝さん)
→ hm813722@fsinet.or.jp

☆会津立志セミナー:「吉田松陰に学ぶ人を育てる極意」
現代に、吉田松陰先生が生まれ変わったなら、何を語り、どう動くか!
第1回:6月11日(木)午後6時半~9時
「僅か15年間の幕末維新期に、なぜ人物が輩出したのか」
付:吉田松陰と共に安政の大獄で処刑された、橋本左内の立志教育。
詳細 → URL: http://www.lisshi.com
(事務局・野口さん) 

☆岡山セミナー 6月13日(土)午後6時~8時
綜學講座~東洋思想・武士道・大和言葉

「士道と学問」吉田松陰の師、山鹿素行が教えたサムライの素養
第一講『聖教要録』小序
「真理は懐にしまっておくものではない。聖人の教えの原点に戻り、
これを天下に広め、後生の志士に期待するところに私の志があるのだ」。
会場:サン・クリニック アイナリーホール(岡山市中区中井248‐8)
参加費:5000円(1回)、全4回通しの場合は15000円
申込:電話086・275・9501(月~金 10:00~17:00)

◆林塾出身者・選挙のお知らせ(年内)
原大本徹を練り上げた志士たちです!
☆印は塾士(林塾を中心に活動している者を塾士と呼んでいます)。

8月2日投票   渡辺 拓 5期 宮城県仙台市議会議員選挙(太白区)
8月30日投票  山口孝弘☆7期 千葉県八街市議会議員選挙
8月30日投票  山田裕一 8期 宮城県白石市議会議員選挙
9月27日投票  樽本丞史 8期 大阪府東大阪市議会議員選挙
10月18日投票 荻村文規☆8期 広島県廿日市市長選挙
10月予定    渡辺勝彦☆7期 宮城県議選(若林区)
10月予定    深谷晃祐 8期 宮城県議選(多賀城市・七ヶ浜町)
10月予定    先崎温容☆6期 福島県議選(田村市・田村郡)
11月15日投票 久野晋作☆3期 千葉県我孫子市議会議員選挙

★☆アマ(宇宙)、トキ(時間)、ソラ(空間)、そしてイマ(現在)

6月3日(水)、東京・経世志塾(長屋貢司代表世話人)で『大國民讀本』を教本とする日本学講座の最終講。大和言葉を駆使しつつ、日本思想を話す。女性の参加者が増え、懇親会も大いに盛り上がった。林塾から小川義人塾士(6期生)藤田文武塾士(8期生)が参加。

◆夜空いっぱいに広がる満点の星空。その星空は現在だろうか、過去だろうか。

地球には何万年、何億年という昔の光が届いている。星の中には、もう消滅しているものも沢山ある。だから過去なのか。

いや、星を見ている自分は今を生きている。星の光が目に届いたのは、たった今ではないか。ならば現在か。

私はこう思う。宇宙開闢(かいびゃく)以来、138億年が経っている。その138億年間の全ての活動が集まっている時点が現在であり、私たちは一切の過去を現在として眺めているのだと。

それ(現在)を、大和言葉で「イマ(今)」という。イマの「イ」は、息・生きる・命のイ、「マ」は時間・空間の間(ま)で、時空のマを一所懸命生き抜いている躍動をイマと呼んだのである。

そして、大宇宙に絶え間なく起こる変化と活動、それによって刻まれる時間(トキ)と、張り伸びる空間(ソラ)。その時空の広がりが「アマ(宇宙)」となる。

我々は、その宇宙進化の頂点に立っている。宇宙を益々進化発展させるところに、人間(ヒト)の使命が存在する。それぞれ自分の仕事や役割を持ち、一隅を担いつつ全宇宙の進化に参加するために、今日も命(イノチ)が与えられているのである。イマをしっかり生きようではないか。

補足:イマが大切、イマが中心。全てがイマ。イマから一切がはじまる。
そのことを中今(なかいま)という。

★☆孫のオヤヂギャグ

6月4日(木)、東京から仙台へ移動し、林塾「政治家天命講座」第10期・6月度東日本合同講座で「日本史に見るSS概要と、近現代日本史」について講義。19名が参集。

6月5日(金)、仙台から浜松に戻る。

「そうだ、そうだ、くりぃむそうだ」。
保育園年長の孫が、とうとうオヤヂギャグを口にするようになった。

もしかして隔世遺伝…。
ギャグを言ってドヤ顔。そして、全然受けない。こりゃ本物の隔世遺伝だ。

★☆後継者の要件

6月6日(土)、昼間は孫が通う保育園でバーベキュー。夜は庶務。

◆儒教は孔孟の教えともいい、孔子と孟子によって確立された。

だが、二人は直接出会っていない。孔子の死後、約百年経ってから生まれたのが孟子である。

なぜ孟子は、孔子の後継者となれたのか。

理由の第一は、孔子の教えを忠実に、しかも全体的に受け継いだことにある。仁や義、徳の精神を継承したのだ。

第二は、時代に合わせたことだ。孟子の時代は、下剋上が益々激しくなっていた。そこで孟子は、筋を通して秩序を守るよう、義を強調して説いて回った。

第三は、独自性にある。孔子の教えを発展させ、性善説や王道政治論を構築したのだ。

学問というものは、次第に硬直化し、たちまち時代遅れとなる。それを防ぐのが、優れた弟子たちの役割なのである。

比叡山の天台学を見ても、最澄の高弟である円仁や円珍ら、後継者が立派であった。

本当に、いい弟子たちに恵まれることほど幸せなことはない。

◆意外なことに人は、苦難よりも平凡な日常でダメになる。

何とか就職出来た、結婚して子供も生まれた、新しい生活にも馴染んできた…。そうこうする内に、我が人生の第一義(原点)を忘れたまま、人生は折り返し地点をあっけなく過ぎてしまう。

仕事も家庭も、どうにか上手くいっているという中で、なお天下国家への志を失わないという人は、さすがと言う他あるまい。