明日から一週間の遊説です

こんばんは。
大寒(20日)に向かい、寒さが厳しい毎日ですね。

◆10日(月)は、デンタルサポート株式会社&デンタルサポートグループによる新春全体研修で基調講演を務めました。社員は300名超、グループのスタッフは200名弱。

この500名を率いる総帥は、一般社団法人・政経倶楽部連合会の理事長でもある寒竹郁夫さん。同社の仕事は、訪問歯科医療が基本です。歯科・医療・介護のワンストップサービスを実現させた、ライフイノベーションの先端を行くリーディングカンパニーがデンタルサポートです。

社是は「日本再生」。500名の心を一つにまとめ、「国手」の集団となすべく、この日の研修が開かれました。

◆話は変わりますが、しばらく前にある大臣と話す機会があり、日本を救うビジョンを出すよう促してみました。

彼曰く「ビジョンを出すと潰される。党の方針やマニフェストとの整合性を突っつかれ、足を引っ張られる元になる」と。理念や方向性が示されてこそ、国民はその政治家に付いて行こうとするはずですが、それを出すと足元をすくわれてしまうというのです。

たとえ議員グループを率いていても、政局と政党の運営上、自分の意見を出せないのです。企業や活動体の経営であれば、トップとして当たり前に出来ることが、大臣になっても許されないのです。

おそらく総理大臣になっても、理念でまとまっていない政治家集団では、十分に意志表明出来ないのでしょう。こういう点に、政治では世の中を救えないという批判が出てしまう原因があるのではないでしょうか。

◆明日から一週間の遊説です。
京都→福岡→広島→神戸→京都(林塾合同合宿)→東京の順で回ります。

京都で学ぶ平成志士学~綜學講座 1月13日(木)午後7時から
上杉鷹山に学ぶ組織改革の基本的心得
研修の狙い→改革に必要な3つのダン、「暖」「断」「段」を腹に据える
会場:綜學社事務所(東山区上人町鞘町下がる、京阪五条駅から徒歩2分) 
参加費:法人ビジター5500円 個人ビジター3500円
お問い合せは→ sougakumusubi@yahoo.co.jp (綜學社 三浦有貴さん)

政経倶楽部・福岡県支部1月例会
日時:1月15日(土)開場午後1時半~4時半
経営者のための「東洋思想入門講座」経営者のための「東洋思想入門講座」
第1回 孔子と『論語』 第2回 聖徳太子と『憲法十七条』
会場:福岡赤煉瓦文化館(福岡市中央区天神1丁目15-30)
連絡:一般社団法人 政経倶楽部連合会 事務局 谷田部浩之さん
携帯080-1263-7931 TEL03-6891-7800
FAX 03-6891-7801  MAIL info@seikei-club.jp
詳細は→  http://www.seikei-club.jp

広島文明維新塾 1月16日(日)午後1時30分~4時30分
「逆境を生き抜く東洋の英知・第十回、佐藤一斎」『言志後録』其の一
西郷・海舟・象山など、幕末志士たち共通の師が教える「処世の実学」
会場:NPO法人アートサロン広島(代表理事 槙田千鶴枝さん)
参加費:ビジター3000円
電話090・4650・1011(代表世話人 脇晃司さん)

今啓林会(神戸)1月17日(月)午後6時30分~9時
「逆境を生き抜く東洋の英知・第十回、佐藤一斎」『言志後録』其の一
西郷・海舟・象山など、幕末志士たち共通の師が教える「処世の実学」
会場:神戸一宮神社 社務所 ビジター3000円
電話078・242・3399(今啓パール(株)今井啓介さん)

株式会社 経営者JP・ 株式会社ライフスタイルプロデュース共催
経営者のための「人間力養成塾」本講座
日時:1月19日(水)午後6時半~9時半
日本人的経営論と「和道」による新グローバルリーダーシップのあり方
松下幸之助、中江藤樹、渋沢栄一などに共通する日本人的経営論とは
詳細は→  http://www.keieisha.jp/seminar……00915.html