他者を思い遣る心を一番持っているのが人間のはず

こんばんは。今日から7月。神棚のお浄めをし、蒲神明宮に参詣しました。

◆4日(土)は長野県駒ヶ根市で講義をします。
☆伊那谷文明維新塾 7月4日(土)午後6時~8時
日本人が持っていた本来の考え方、感じ方、行い方を取り戻せば、
日本は必ず甦ります。「和の哲学」講座の決定版!
第四講「太陽主義」後編~太陽の子として生きる。
日本人は、なぜ大日如来や阿弥陀如来が好きなのか。
本物の指導者ほど「勿体ない」の心を持っている。
日や火の止まりたる存在がヒト。他
会場:駒ヶ根駅前アルパ3階
参加費:3000円 懇親会別途2500円
お問い合せ:0265・85・2070(事務局・宮田村議・清水正康さん)

※なお、前号で9日の神戸・今啓林会を(金)と案内しましたが、(木)に訂正します。9日(木)が今月の神戸の勉強会です。

◆新著、東洋的達人の研究『念子が養う超人的能力』
「何度も読み返しています」というご感想を多数頂いております。
ご注文はこちらからお願いします→  http://www.hayashi-hideomi.com/books

★ご案内~名古屋で大和言葉の合宿講座「日本語48音で姓名判断」

日本語の真髄である大和言葉を基礎から学べ、姓名判断まで出来てしまう決定版の合宿講座です。林が最初から最後まで講義・指導致します。生涯生かせる知恵が身に付く本講座に、是非ともお運び下さいませ。

~魂に響く神代のコトダマ~《名前で分かるあなたの天命》
日時:7月19日(日)13時~20日(月・祝日)13時
神秘の大和言葉。48音の音義。やまとことば姓名判断+相性診断。
会場:料理旅館わたなべ(名古屋市千種区千種)千種駅から徒歩10分
受講料2万5千円(研修費、修了証)、宿泊費1万円(夕食・朝食込み)
※再受講の場合は割引あり。
お問い合せ・お申込み:中日本やまとことば研究会(代表・山本道代さん)
090・9185・3827 sunflowermichi1977@gmail.com

案内チラシはこちら→  https://www.facebook.com/event……727289330/

●日記● 平成27年6月27日~30日

◆6月27日(土)、東京・経世志塾(長屋貢司世話人代表、渡辺学事務局長)の移動例会で津和野と萩へ。総勢15名。平成4年5月以来、親交を頂いている萩の山中修さんが、案内役として加わって下さった。有り難う存じます。

檀ふみの娘が文(ふみ)とは、これいかに。
NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公、杉文の母親役は檀ふみなり。
檀ふみさん、ダンは壇蜜に取られ、ふみは井上真央に奪われ、その心境はちょっと複雑かも…。

明日は松下村塾で講義を務める。
「萩に来て ふと思えらく 今の世を救わんと立つ松陰は誰」吉井勇。

◆6月28日(日)、経世志塾・移動例会で講義。

「本日入塾!の覚悟で受講せよ」。冒頭、本日入塾のつもりで受講するようお願いした。講義会場は、松下村塾・塾舎西側の講堂。吉田松陰先生の教えを、105分間集中して話した。

講義前、松陰神社に参詣。日曜日とあって沢山の参拝者で賑わっていたが、林が参拝するときになると、スーッと人が去って一人になる。

今から講堂で講義する旨、松陰先生にお伝えし、日本改新と文明維新を誓う。祈念し終えて振り返ると、沢山の人々が後ろで待機していらした。

松陰先生の教えは、久坂玄瑞を経て坂本龍馬に伝わった。久坂と出会って龍馬は発奮。脱藩し、志士として生きる道を見つけることになる。

松陰先生の教えが無ければ、龍馬の活躍は起こらなかったのだ。学問の大切さを痛感する次第である。

◆6月30日(火)、日本の美、花札。

孫が「ヂイヂ、遊ぼう」と手に持って来たのは、任天堂製のプロが使う花札(目札)。隠しておいたのだが、見つけられてしまった。仕方ないので、花札で「坊主めくり」をやってみた。

注意書きに、危ないから人に投げないで下さいと書いてある。
なるほど、角が当たれば危険だ。それにしても、図柄が妖美でいい。

●随筆●

◆他者を思い遣る心を一番持っているのが人間のはず◆

障害を持った少年が、入居施設の職員から虐待を受けて殺されたという記事を見た。遺体の写真はアザだらけだった。

本当に可哀想でならない。親も、他の子供達と同じ学校に通わすことが出来ず、ただでさえ辛く思っていたであろうに、離れて暮らしている息子が死んで帰ってきたとあっては、あまりにも悲しくて無念であったはずだ。

弱い者イジメや虐待の無い世の中を創らねばならない。

他者を思い遣る心を一番持っているのが人間だ。人間が本来宿している神性を伸ばすことを、未来の教育の基本にしよう。

◆勢いが大事◆

勢いが大事だ。たとえ自力で負けていても、勢いがあれば勝てる。

しかし、単なるブームに乗った勢いではダメだ。先手で準備を整え、止むに止まれぬ熱意で同志を糾合して、旧体制に立ち向かおう。

そうすれば天が味方する。引き寄せよ、引き寄せよ、勢いを起こして運氣を我がものとせよ。

もう迷っているときではない。

◆満足度の高いバスガイドやツアーガイドとは…◆

少し厳しい指摘をするので、癒されたい方は読まないで下さい。

満足度の高いバスガイドやツアーガイドは、事前の下調べが入念。
客の情報をしっかり掴んでおり、団体名が明らかな相手に「皆さんはどこから来ましたか? 仕事は何ですか?」なんていう、調べておけば分かるような愚問はしない。

客を気持ち良く迎え、心地良く過ごして貰おうというサービス精神がある。エラそうな物言いはせず、客を馬鹿にしたような笑えないジョークは言わない。

客から学び、自己成長しようとしている。間違っているのに謝らなかったり、質問を避けたりしない。

満足度の高いガイドは、年配よりも若い人に多いと思う。若い人の、ひたむきさが伸び代をつくり、素直さが好感度を生んでいるのだ。

結局、ダメなガイドは、自分の何処がダメなのかを考える柔軟性を失っている。厳しい言い方だが、客を楽しませられなくなったら、人を相手の仕事は辞めたほうがいい。それは、どんな仕事にも共通したことである。