志士たちの学問

こんばんは。
東京→仙台を回って浜松に戻りました。

◆明後日7日(水)は東京、8日(木)は會津で講義します。

☆日本的経営の根本道場!経世志塾(東京)10月7日(水)午後6時~9時
「士道と学問」吉田松陰の師、山鹿素行が教えたサムライの素養
綜學講座「士道と学問」第二講
「聖人」…部分に囚われることなく全体を観、皆を生かしていくのが聖人。
「知至」…知を究め、物の理を掴み、信念に義を据えよ。
君子は義を利と心得るが、小人は義を知らず利のみに生きている。
会場:湯島天満宮参集殿 参加費:5000円
お申込先:事務局 案内役 渡辺学さん Watanabe Manabu
TEL 045-580-3181   e-mail: keisei@ni-gata.co.jp

☆会津立志セミナー:「吉田松陰に学ぶ人を育てる極意」
現代に吉田松陰先生が生まれ変わったら、何を語り、どう動くか!
第3回:10月8日(木)午後6時半~9時
「人は初一念が大切」野山獄と実家幽囚の間で行われた孟子の講義とは
最初の志の高さが全てを決めていく。志士の心構えとは何か。 他
詳細 → URL: http://www.lisshi.com
(事務局・野口さん) 

前号の日記に、神奈川県中小企業家同友会主催・第19回共育講演会について述べました。その中の“応援団”に、関伸司さん(湘南天命講座1期生、神奈川県倫理法人会会長)のお名前を入れ忘れておりました。お詫び致します。

●日記● 平成27年10月3日~4日

◆10月3日(土)、第15期若手印刷人経営塾(田中肇塾頭)で、3時間の講義と4時間の指導。コーチの猪股康之さんが昨年、日本プリンティングアカデミーの学校長に就任されたことから、同校を会場に開催。経営塾の塾生と学校職員・学生が一堂に集まって講義を聞いてくれた。

内容は「松下幸之助に学ぶ経営の心」と「経営幹部~役割を果たすための資質」。皆さん、乾いた砂に水が染み通るように熱心にお聞き下さった。

◆10月4日(日)、林塾7期生・渡辺勝幸塾士の総決起集会で応援演説(仙台市若林区)。衆議院議員の秋葉賢也さん(松下政経塾8期生)、宮城県知事の村井嘉浩さん(松下政経塾13期生)をはじめ、地元の議員・名士ら蒼々たる来賓が出席。会場は立ち見で溢れる盛況となる。

林塾からは下記東北メンバーが応援。大いに意気上がる!
渡邉 拓塾員(5期生、宮城県仙台市議)
渋間佳寿美塾士(7期生、山形県議)
中村圭介塾士(7期生、山形県米沢市議)
阿部利基塾員(7期生、宮城県石巻市議)
川崎朋巳塾士補(9期生、山形県上山市議)
菊池勲塾生(10期生、青森県議、※弘前市から往復8時間超)

松下政経塾と林塾をつなぐことが出来て良かった。共通の源流は松下幸之助だ。

候補者・渡辺勝幸塾士を囲んでも懇親会には、川崎塾士補のインターン大学生4名が参加。女子の天下国家への氣迫が素晴らしい! 負けるな日本男児!
なお渡辺勝幸塾士の学生時代の友人、素読指導者の松田雄一氏も飛び入り参加。

●評論・随筆●

◆志士たちの学問◆

幕末志士たちは、なぜ大きな視野を養えたのか。
蘭学や洋学によって、世界の動きを掴んでいたからだ。

幕末志士たちは、なぜ日本に誇りを持てたのか。
国学や神道によって、日本の原点を学んでいたからだ。

幕末志士たちは、なぜ命懸けになれたのか。
朱子学や陽明学によって、本氣の生き様に覚悟を据えられたからだ。

私は、世界の動き(大局)を伝えるために文明法則史学(東西文明800年周期交代論)を、日本の原点(誇り)を取り戻すために大和言葉の日本学を、本氣の生き様を起こすために武士道や安岡教学、松下思想を話している。

この内容で現代の志士が育つことは既に証明出来た。これから弟子たちが日本改新と文明維新に徹底邁進する。日本をこのまま終わらせてなるものか。
人類をここで滅ぼしてなるものか。素志貫徹 拝

◆4年間ブレないで志を貫いた男◆

その男は、誰が見ても実直な人間で、派手さは皆無。ハッタリも似合わない。スポットライトを追いかけて、やたらに目立とうとする輩とは全然違う。

彼は政策秘書を10年間やっていた。実務能力が抜群に高い。政策の詳細に精通しており、官僚に推しきられるようなことはない。

自ら会社を経営する傍ら、起業家を支援して26社の設立をサポートした。実現力があるのだ。言うからに行う、行うからには成果を出す。言行果が、ちゃんと一致しているのである。

しかも情がある。バンカラな高校で、2年間応援団長を務めた経験を持つ。男気のある情熱家だ。さらに、前回苦杯を嘗めてからの4年間の努力で、人の心がよく分かるようになったと。

彼は全国に同志を持っている。林塾の志士政治家たちと連係しており、各地から同志がやって来る。

彼の名は渡辺勝幸(40歳)。林塾第7期生なり(仙台市若林区)。

◆「林さんは何を講義しているのですか?」◆

この質問に、「一言で言うなら綜學です」と答えている。

「綜」の「糸」はタテイト、「宗」は先祖や神々を祭る社を表す。
則ち「宗」は大本、「糸」は継続を意味し、原点から伸びていって全体に広がる様子が「綜」なのだ。

日本には神代に遡る原点と、今日に至る連続性があるから、まさに綜の国なり。

綜學は、原点を認識する根本学であり、大局を把握するための全体学だ。
大和言葉の日本学は前者を、文明800年周期を明らかにした文明法則史学は後者を支えている。

そして、自分は何をするためにこの世に生まれたのか。本氣になって人生を賭けられる志とは何なのか。これを確立し、立志大成の人生を歩んで頂くための学問が綜學である。

林塾や全国の志塾で講義している内容は、そのすべてが綜學というわけである。

◆世に出たいが実績無し、でも実績を作るには世に出ないといけない◆

世に出たいが実績が無い。でも、実績を作るには世に出ないといけない。この壁を超えられなくて、多くの人たちが挫折してしまう。

中には突破する人物が出るが、諦めないで壁を超え、見事な活躍をする人は何が違うのか。超えていく人は、本氣の志が立っており、人生の種である原点と、その志がつながっている。

また、名利や自分の成功ではなく、日本を変え世界を救おうという公欲をしっかり抱いている。

いきなり活躍する人は滅多にいない。いたとしても、突然世に出たように見えるだけで、何らかの基礎づくりの期間があったはずだ。

焦りは禁物なり。スポットライトが照らす場所を追いかけるのではなく、スポットライトを照らしたくなる人物となるよう己を磨け。

人と出世を比べるな。我が道を行け。素志が大きいほど時間がかかるものだ。

やる事なす事、裏目に出る。悪口を言われる。人が去っていく。今はそうかもしれない。だが、そういうときこそ、天が君を試しているのだ。ますます天下万民を救う決意を固めよ。

日本には大運がある。君にも天運がある。自分を見捨てるな。このまま終わるわけがない。胸を張って、どっしり構えよ!