地球の意識レベルを上げよう

こんばんは。11月に入り、寒くなってきました。

◆5日(木)は岐阜、10日(火)は浜松で講義します。
☆岐阜セミナー 11月5日(木)午後6時30分開演

日本人力を養うための「日本学講座」
第四講「太陽主義」後編~太陽の子として生きる。
日本人は、なぜ大日如来や阿弥陀如来が好きなのか。
本物の指導者ほど「勿体ない」の心を持っている。
日や火の止まりたる存在がヒト。他
参加費:全4回1万円(不参加時CD等送付)、ビジター3千円(要事前予約)
会場:JR岐阜駅隣接・じゅうろくプラザ
主宰:多和田美子さん090・1097・3080
申込:FAX058・382・9755
お名前・ご住所・連絡先をご記入下さい。

☆東林志塾(浜松)11月10日(火)午後6時30分~9時00分
綜學講座「士道と学問」第五講 吉田松陰の師、山鹿素行が教える武士の素養
『聖教要録』上
「道統」…儒教の三変~戦国時代の法家、漢代の訓詁学、宋代の朱子学など。
「詩文」…志士の胸の内に自然と湧き起こる言葉が詩となり文となる。
会場:21世紀倶楽部(静岡新聞社・静岡放送プレスタワー)
参加費:オブザーバー3000円
電話053・473・5715(事務局・野上孝さん)
→ hm813722@fsinet.or.jp

◆新著、東洋的達人の研究『念子が養う超人的能力』
「何度も読み返しています」というご感想を多数頂いております。
ご注文はこちらからお願いします→  http://www.hayashi-hideomi.com/books

●日記● 平成27年10月31日~11月2日

◆10月31日(土)~11月1日(日)、湘南天命講座第8期。
綜學を3時間講義した後、「原点・大局・本氣・徹底」「人生プログラム」「年間計画」をそれぞれ作成して貰い、霊感を働かせ、渾身の力を込めて指導アドバイス。終了後は、いつも抜け殻状態となる。
来年は10月29日(土)~30日(日)に開催予定。

◆11月2日(月)、いよいよボケてきたかな…
今日は「神棚の間」を清掃し、お供物を交換した。本当は一日(ついたち)である昨日やりたかったが、仕事で出張していたため今日にした。

1時間15分ほどかける作業中、今日は同じところを二回払ったり拭いたりすることが数回あった。ほんの1分前にやったことを忘れているのでる。
これは、いよいよボケてきた症状かも知れない。

講義中に同じ言葉を繰り返すことなら昔からだ。あれはボケとは違う。
自分の講義を聞いている「もう一人の自分」がいて、言葉に感心すると、「もう一人の自分」が唱和してしまうのだ。「それなら分裂症だ」なんて言わないで頂きたい。自分では「ひとり素読」だと思っているのである。

年と共に、あれこれ庶務が増えていく一方だ。一つの仕事をしながら、いくつものことが頭を駆け巡っていく。それで、今さっきやっていたことを忘れてしまうのだろう。

本格的にボケるのはまだ先のことだが、ボケたふりを有効に使おうのは、今から始めようと考えている。

●評論・随筆●

◆地球の意識レベルを上げよう◆

21世紀は、覇道の星から和道の星へ進化するときだ。
西洋中心文明から東西共生文明へ、欲望民主主義から高徳民本主義へ、膨張資本主義から公益志本主義へと、世界は、これから大きく変化する。

ただし、21世紀は文明交代期である。
我々は、転換期の嵐に耐えていかねばならない。

日本は人類進化の先頭に立つ国だ。日本国を何が何でも守り抜き、思う存分、世界人類を救う大業に生きようではないか。

◆目的に基づいた志さえあれば…

目的の無い人生だと、どこに行くか分からなくなる。
困難に出会えば逃げてしまうし、壁にぶつかると止めてしまう。

目的に基づいた志さえあれば、辛くても諦めないし、苦しい中でも希望を失わないでいられる。

今日も、ちょっとでいいから前に向かおう。
生きている証(あかし)を人生に刻んでいこう。