ご縁があれば出会うが、無ければすれ違う…

こんにちは。昨夜の浜松は蒸し暑かったです。気候が一ヶ月ずれていると感じます。夏と冬のみで、春と秋が無い気候というのは、こういうことなのですね。

◆今週末から、岡山→京都→神戸→東京を回ります。
京都は綜學社・学生青年綜學研修会、東京は国会綜學勉強会(第21回)です。

下記の岡山と神戸はオープン講座です。お気軽にご参加下さいませ。
☆岡山セミナー 新刊「力を抜けば強くなる」出版記念特別講座
~老子に学ぶこれからの生き方~
日時:10月22日(土)18時~20時
会場:サン・クリニック アイナリーホール(岡山市中区中井248‐8)
参加費:2000円(学生無料)※新刊1冊プレゼント!
申込:電話086・275・9501(月~金 10:00~17:00)

☆今啓林会(神戸)10月24日(月)午後6時半~9時
新しい憲法と日本の国是
そもそも憲法とは何か。制定の時期はいつ頃か。他
会場:神戸一宮神社 社務所  参加費:ビジター3000円
電話078・242・3399(今啓パール(株)今井啓介さん)

●日記● 平成27年10月13日~14日

◆10月13日(木)~14日(金)、先週の東日本合同例会に続いて林塾「政治家天命講座」第11期・神無月西日本合同例会で講義。会場は、京都・妙心寺「花園会館」。初日は、中国思想概論。儒家・道家・法家・兵家について要所を伝授。二日目は、陽明学と佐藤一斎の『言志四録』。東日本と同じく、2日間で計6時間、心を込めて話す。

二日目終了後、有志で「松下資料館」を見学。遠藤紀夫館長の講話を拝聴。その後、綜學社研修所に場所を移し、PHP研究所・佐藤悌二郎専務をお迎えして懇親会。佐藤専務は林と同学年。同じ年に、林は松下政経塾(1期生)に入塾し、専務はPHP研究所に入社された。佐藤専務は松下幸之助研究の第一人者。とても氣が合う。

●評論・随筆●

ご縁があれば出会うが、無ければすれ違う…

「○月○日○時、面白い会があるから○○へ来るように。」

これは、林塾の誘い文句だ。塾生募集は、先輩らによる、この実に不親切で、説明不十分な言葉による一本釣りでやってきた。

あの人が来いと言うなら、何の会か分からんが、とにかく行くしかない。
まさに騙されたと思って来た者の中から、講義に響いた者が新入塾生となるのである。面白いもので、それで人物が、ちゃんと集まってきた。

人が人を誘う。組織と活動を成長させるのは、結局、地道な声掛けしかない。

林塾は来期、第12期生を迎える。募集のやり方は、相変わらずぶっきらぼうと聞く。

ご縁があれば出会うが、無ければすれ違う…。
天命とも言える巡り会いに、多言は無用なようである。