仲間が増えるほど、話を聞くことが大切

こんばんは。
皆様から頂戴するご声援のお陰で継続出来ています。
本当に有り難うございます。

◆「非常の人物は、平常の物差しには一寸(ちょっと)合わない」。
そう言ったのは安岡正篤先生です(「郷學」郷学研修所第74号2ページ)。

日常に間に合う平凡な人間ではなく、非常時に役立つ人物が今一番必要です。
埋もれている人材を見出し、如何にして転換期の志士人物に育てていくか。
非力非才ながら綜観は、そこに人生を賭けています。

◆明後日は東京で講義します。
株式会社 経営者JP・ 株式会社ライフスタイルプロデュース共催
経営者のための「人間力養成塾」本講座

日時:2月16日(水)午後6時半~9時半
これまでの講義の総まとめ、「原点・大局・本氣・徹底」の発表とコメント
詳細は→  http://www.keieisha.jp/seminar……00915.html

===【ご案内】=====================
京都で学ぶ「綜學社合宿天命講座」(綜學基本コース)
原点・大局・本氣・徹底をふまえ、長期・中期・短期に分けながら
「人生の進路」を作成して頂きます。綜観がズバリ核心を突いてアドバイス!
京都の町屋を会場に、少人数で行う中身の濃い研修です。

日程:(いずれも1泊2日)1日目午後1時集合~2日目午後3時半終了
第1期:4月30日(土)~5月1日(日)←お問い合せを多数頂いています
第2期:7月30日(土)~31日(日)
第3期:10月8日(土)~9日(日)

会場:綜學社事務所(京都市東山区上人町、京阪五条駅から徒歩2分) 
参加費:お一人5万円(税別)資料代、お茶と茶菓子代、夕食・昼食代込み
宿泊は近くのホテルにお泊まり下さい(宿泊費などは各自ご負担)
各期とも5名~8名
お問い合せは→ sougakumusubi@yahoo.co.jp (綜學社統括本部長 三浦有貴)

●日記● 平成23年2月8日~13日

★☆仲間が増えるほど、話を聞くことが大切

2月8日(火)、東林志塾(浜松)で佐藤一斎『言志後録』其の二を講義。
指導者の心得の、深いところを話せたと思う。

2月10日(木)、林塾「政治家天命講座」第6期(関西)。
2月11日(金)、林塾「政治家天命講座」第6期(九州)。
中国思想の儒家・道家・法家・兵家をもとに、政治家の信念から選挙の心得に至るまで、綜合的に講義した。

11日の九州講座の翌日、第5期卒の冨安正直議員・倉掛賢裕議員と昼食。
親しくいろいろ話すことが出来て良かった。林塾は仲間が増えてきたから、どうしても付き合いが薄くなってしまうことがある。じっくり話を聞くことが本当に大切だと感じた。

2月12日(土)、政経倶楽部連合会・福岡県支部2月例会で講義。
テーマは「聖徳太子と憲法十七条」。吹雪の中、定員を超える参加者がお越し下さり感激。

終了後、京都に移動し、綜學社事務所で会議。安並代表、三浦事務局長と社団法人化について打ち合わせ。※総務と運営統括を担当している三浦の役職名は「事務局長」となった。

2月13日(日)、綜學社事務所に東京から木下京子さんがお越しになる。
木下さんが広めている根幹学(マザロジー)の発展のため、綜観から東洋学を学んでいきたいとのこと。これから仲間を連れて講座にご参加下さるそうだ。