安倍政権の政策は、果たして上手くいっているのだろうか?

明日は本暦元日です。一日早いですが、明けましておめでとうございます。

◆林塾「政治家天命講座」第12期が始まり、全国合同例会が伊勢・神宮会館で開催されました。林塾は、研修機能と活動体機能の両方を持っています。転換期にあたって、歴史の負託に応えられえる塾となるよう励んでまいります。

◆林塾出身者・選挙結果
1月15日(日)告示→22日(日)投開票
○当選 福丸孝之塾士(1期生)大阪区茨木市議選
○当選 上田光夫塾士(5期生)大阪府茨木市議選
●惜敗 敷知龍一塾士補(11期生)大阪区茨木市議選

◆林塾出身者の選挙のお知らせ~政治家の基本をしっかり学んだ者たちです。
1月20日(金)告示→29日(日)投開票
☆奥村直樹塾士(8期生)北九州市議選・門司区

1月22日(日)告示→29日(日)投開票~出直し市長選
☆藤井浩人塾士(7期生)岐阜県美濃加茂市長選挙

2月19日(日)告示→26日(日)投開票
☆水野岳男塾士(7期生)岐阜県各務原市議選

●評論・随筆●

◆安倍政権の政策は、果たして上手くいっているのだろうか?◆

私は、安倍首相の考え方や行い方を基本的に肯定してきた。しかし、このところ世界の動きに翻弄され、次第に行き詰まって来たのではないかと思うようになった。

アベノミクスでは「異次元の金融緩和」をやってマネーを増やした。4年間に約3倍増というから半端ではない額だ(マネタリーベースで約140兆円から400兆円超に増加)。

世の中に流通するマネーが増えれば、消費が刺激されて物価が上がる。そして、経済沈滞のデフレから脱却するはず。ところが、残念ながらその目論見は外れ、消費者物価は殆ど上がらぬままである。

財政も悪化状態にあり、2020年に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化しようという目標は、今回の首相の施政方針演説(1月20日)では姿を消してしまった。長期債務は増え続け、財政健全化は遠のくばかりだ。

何とかしようとして、マイナス金利政策も行われた。金融機関が日銀に預けているお金が企業や個人への貸し出しに回され、経済が活性化されることを期待したのだ。基本政策として、景気対策や成長戦略も掲げられてきた。でも、なかなか国民が反応しないまま今に至っている。

最後の頼みの綱はTPPだった。これも、トランプ大統領が就任初日に離脱を表明することによって潰れてしまった。

英国のEU離脱といい、アメリカのTPP不参加といい、もはや世界の潮流は反グローバリズムに向かっているのではないか。林は以前から、グローバリズムによる膨張資本主義に注意せよと話してきた。

EUは空中分解の危機をはらんでいる。EUの中心はドイツだが、ドイツはチャイナに接近してきた。ドイツもチャイナも、文明大乱期を生き残ろうとして必死なのだ。

チャイナ人民は経済が安定してさえいれば、その独裁政権に文句を言わない。だが、経済が動揺すれば、かつての農民反乱のような混乱が起きかねない。トランプ大統領が、その引き金を引く可能性が出てきた。

では、日本はどうするか。こうなったら、過度なグローバリズムと無理な経済成長に頼らないでも、国民の生活がちゃんと成り立つ仕組みを創るべきではあるまいか。それには、「内需」と「地方」、「公益経済」がカギになると思う。

それから、経済難民の襲来(民族大移動)への備え、災害への備え、一時的な食糧・エネルギー不足への備えも忘れぬようにしたい。こういう準備を、杞憂に基づく大袈裟なものと決めつけるべきではない。

現政権の外交と経済政策は、文明大乱期にとって、もはや周回遅れなのかも知れない。今年になって、どうもそんな気がしてきた。

◆林先生は、松下村塾の第1期生!?◆

司会者「本日の講師である林英臣先生は、松下村塾の第1期生でいらっしゃいます」。

私「ただ今ご紹介にあずかりました林でございます。私は松下村塾の第1期生です。同期に高杉晋作や久坂玄瑞、後輩には初代総理大臣の伊藤博文らがおります。早いもので私は今年、約180歳になりました」。

参加者「爆笑」。

司会者は松下村塾と松下政経塾を取り違えたのか、あるいはジョークを言ったのか。理由は分からないが、松下村塾出身と紹介されたことは何回もある。

松下政経塾に合格し、23歳になったばかりの私は、山口県の知人を訪ね、2月11日(紀元節)を選んで萩の松陰神社に参拝した。

拝殿でお祈りを捧げた。「この度、松下幸之助氏が開塾した松下政経塾に入塾することになりました。松下政経塾は昭和の松下村塾と言われています。どうか私を、松陰先生の弟子に加えて頂きたく宜しくお願い申し上げます。」

拝殿左側の、松下村塾の弟子たちが祭られている松門神社では、「必ずや皆様の志を継いでまいります。私を末席の後輩としてお認め頂きたく、どうぞ宜しくお願い致します」と祈念した。

一昨日と昨日、林英臣政経塾「政治家天命講座」第12期・全国合同例会を伊勢「神宮会館」で開催した。演題は「松下村塾と松下政経塾から林塾が継承すること」。

二日目の午後、全員で内宮に正式参拝し、帰りには椿大神社に寄って松下幸之助社にお参り。松下塾長に、林塾第12期を無事に迎えられたことをご報告した。