お酒のニホヒとカヲリ、それをカグ、飲めばキク…

こんばんは。明日は釈迦の誕生を祝う灌仏会(花祭り)です。

◆一昨日の5日(水曜日)は、経世志塾(東京湯島、長屋貢司代表世話人)で『聖教要録』第十講を講義。人間の本性について、山鹿素行の思想を話しました。その考え方は幕末の吉田松陰先生に受け継がれ、気性の荒い高杉晋作をも育てられる教育土壌となったのです。

◆昨日6日は、午前中にデスクワークを行い、午後から上野の国立博物館に行って、じっくり日本の美術史を堪能。その後、政経倶楽部連合会の本部会議に出席し、夜は例会(年1回のワイン会)に参加。

◆来週は浜松と神戸で講義します。
☆東林志塾(浜松)4月11日(火)午後6時30分~9時00分
会場:21世紀倶楽部(静岡新聞社・静岡放送プレスタワー)
松下幸之助の遺言(1)国是を創って欲しい
松下政経塾設立の「真の狙い」。政治の生産性を上げよ。他
参加費:オブザーバー3000円
電話090・5875・7687(事務局・川岸和花子さん)
FAX0538・38・9944

☆今啓林会(神戸)4月14日(金)午後6時半~9時
松下幸之助の遺言(2)国家百年の計を立てよ!
「無税国家論」と「新国土創成論」は松下政経塾の二本柱。他
会場:神戸一宮神社 社務所  参加費:ビジター3000円
電話078・242・3399(今啓パール(株)今井啓介さん)

◆林塾出身者の選挙のお知らせ。「政治家天命講座」で学んだ者たちです!
☆4月16日(日)投開票・井 英昭塾祐(5期生)大分県竹田市議選
☆4月16日(日)投開票・伊藤謙一塾生(12期生)静岡県袋井市議選
☆4月23日(日)投開票・何川雅彦塾士(7期生)熊本県上天草市議選
☆4月23日(日)投開票・高橋浩司塾士(9期生)神奈川県鎌倉市議選
☆4月23日(日)投開票・栗原絵里子塾生(12期生)神奈川県鎌倉市議選
☆4月30日(日)投開票・橘秀太郎塾士(10期生)兵庫県香美町議選
☆5月21日(日)投開票・藤井浩人塾士(7期生)岐阜県美濃加茂市長選
☆6月4日(日)投開票・辻 宏康塾士(2期生)大阪府和泉市長選
☆7月9日(日)投開票・太田晃司塾士(6期生)奈良県奈良市議選

●評論・随筆●

◆お酒のニホヒとカヲリ、それをカグ、飲めばキク…◆
※カヲリについて拙著の訂正がございます(下記をご覧下さい)。

酒好きは「この酒きくなあ」と言う。「キク」は、「強く受け入れる」ことを表す大和言葉だ。

キクの「キ」はきつい・厳しいのキで強さを、「ク」は組む・括るのクで結合を示し、キクは強く結ばれる様子を意味している。美味しいお酒や、強い酒を飲んだときに「きくなあ」となる所以である。「聞き酒(利き酒)」のキクも同様で、しっかり受け止めて酒の良し悪しを判断することなり。

また、キクは「聞く」でもある。こちらは音を強く受け取ることだ。そのほか、薬が「効く」や腕が「利く」のキクもあり、どちらも強く働くことを意味している。

酒好きは、まず匂い(ニホヒ)と香りを楽しむ。ニホヒの「ニ」は賑やか・煮るのニで芳醇、ホは稲穂・ほむら・誉めるのホで秀逸、ヒは日・火・たましひのヒでエネルギー(氣)を表す。即ち、ニホヒは醸し出される優れた香氣のことだ。

芳醇な匂い(ニホヒ)を嗅ぐ(カグ)。その瞬間、酒好きは最高の笑顔になる。カグの「カ」は陰・微か・霞・空などのカではっきりしないものを、グはクの強意(クの濁音)で強く結ぶ様子を示しており、カグは、目に見えない香氣を強く受け入れることである。

そうして、いざお酒を味わうことになる。味わうのアヂは、持続的に広がる様子を示している。「ア」は明るい・あけるのアで開くことを、「ヂ(チの濁音)」は千代に八千代にのチ、血筋(チスヂ)や地(ツチ)のチで、持続・継続するものを意味している。芳醇なお酒を、舌にころがしながら広げること。それが味わい(アヂハヒ)なのだ。

ところで、ここで拙著の訂正をさせて頂く。『東洋的達人の研究 念子が養う超人的能力』博進堂の273頁に「カホリ(香り)のカは、奥深くてはっきりせず疑問な状態(陰、微か、霞、空)。ホは秀でる様子、リは動き(ラ行音は語尾に付いて変化・活動を示す)を表します。即ちカホリは、目には見えないが、こちらに伝わってくる妙なる動き(臭気の発現)のことです」と書いていたが、香りはカホリではなくカヲリが正しいことに気付いた。ここに、お詫びの上、下記のように訂正する。

「カヲリ(香り)のカは、奥深くてはっきりせず疑問な状態(陰、微か、霞、空)、ヲは尾で最後からつながり伸びていくもの、リは動き(ラ行音は語尾に付いて変化・活動を示す)を表します。また、カヲリのヲリは居りでもあり、明らかな存在を意味します。即ちカヲリは、目には見えないものの、ながり伸びて、こちらに伝わってくる明らかな存在(臭気)のことです」。