組織の宝とは、どういう人か…

こんにちは。今日は初夏の暑さになりました!
高松から浜松に戻る電車内で、本メルマガを編集。新幹線は、間もなく浜名湖を通過します!

◆来週は23日(火)が国会綜學勉強会、24日(水)・25日(木)が林塾「政治家天命講座」第12期・東日本合同皐月例会で講義となります。国会講義は「老子に学ぶ人物と器量」がテーマです。

◆林塾出身者の選挙結果のお知らせ。
◎トップ当選 井 英昭塾祐(5期生)大分県竹田市議選 4月16日(日)
○当選 伊藤謙一塾生(12期生)静岡県袋井市議選 4月16日(日)
○当選 崎田恭平氏(7期に学び林に師事)宮崎県日南市長選4月16日(日)
▲僅差次点 何川雅彦塾士(7期生)熊本県上天草市議選 4月23日(日)
○当選 高橋浩司塾士(9期生)神奈川県鎌倉市議選 4月23日(日)
○当選 栗原絵里子塾生(12期生)神奈川県鎌倉市議選 4月23日(日)
○無投票当選 橘秀太郎塾士(10期生)兵庫県香美町議選 4月25日(火)
○無投票当選 藤井浩人塾士(7期生)岐阜県美濃加茂市長選5月14日(日)

◆林塾出身者の選挙のお知らせ。「政治家天命講座」で学んだ者たちです!
☆6月4日(日)投開票・辻 宏康塾士(2期生)大阪府和泉市長選
☆7月9日(日)投開票・太田晃司塾士(6期生)奈良県奈良市議選

●日記● 平成29年5月16日~18日

◆5月16日(火)、綜學社・京都研修所に寄って、神棚の清掃とお供物の交換を行う。来月から新しい大学生を迎えることもあり、綜學を研究する場として、さらに熱気が起こるだろう。

◆5月17日(水)、林塾「政治家天命講座」第12期・西日本合同皐月例会で講義。会場は香川県高松市。初日の今日は、社会秩序の盛衰法則から見た日本史について話す。また、近現代日本史について概説し、日本再生のビジョンと今後の見通しについて述べる。

◆5月18日(木)、合同講座二日目の今日は、松下幸之助翁が教える国家観と政治観について講義。話せば話すほど、松下思想が林塾の基礎となっていることを感じる。12年目にして初めて「無税国家論」と「新国土創成論」を講義内容に入れた。開催準備に励んでくれた天命講座担当の塾士諸君に感謝する。

●評論・随筆●

◆組織の宝とは、どういう人か…◆

よく動く人は、途中から自分勝手な人になる可能性がある。自分のスピードに付いて来られない連中が、バカに見えてくるのが原因だ。

温和な人は、何もしないで終わる人かも知れない。優しい性格から生まれる人気に居心地の良さを感じ、そこに安住してしまうからだ。

中には、動かないで文句ばかり言う人もいる。批判することで活動になっていると、勘違いしているのではあるまいか。このタイプは、政治の世界にも随分いるようだ。

そういうことから、活動的で且つ温厚な人がいれば、本当に組織の宝になると思う。よく動く人が人格を高め、温厚な人が活動力を養えば、組織はもっと宝で満たされてくるはずだ。