6月1日~4日 大連(遼寧省)を観光

こんにちは。6月を水無月(みなづき)と言います。
水無月は本暦六月の異名で、既に梅雨が明け、日照り続きによって「水無しの月」となることから呼ばれました。(今年ですと、本暦六月一日の7月23日からが、本当の水無月です)。

◆明日から東京→会津→米沢を回る東日本講義3連戦です!
また、来週は12日(月)が国会、13日(火)が浜松(東林志塾)、15日(木)が名古屋(政経倶楽部)、16日(金)が神戸(今啓林会)、17日(土)が京都(林英臣勉強会)、18日(日)が京都綜學社の学生研修会で講義の予定です。

◆林塾出身者の選挙結果のお知らせ。
☆無投票当選・藤井浩人塾士(7期生)岐阜県美濃加茂市長選
☆無投票当選・辻 宏康塾士(2期生)大阪府和泉市長選

◆林塾出身者の選挙のお知らせ。「政治家天命講座」で学んだ者たちです!
☆7月9日(日)投開票・太田晃司塾士(6期生)奈良県奈良市議選

●日記● 平成27年6月1日~4日

◆6月1日(木)~4日(日)、大連(遼寧省)を観光。大連は遼東半島にある都市で、日清・日露戦争の舞台であった。大連は町並みが綺麗で、ゴミも殆ど落ちていない。街路樹や庭も美しい。有名な旅順や金州は大連市の区となっている。観光した主な箇所は下記の通り。

・大和ホテル(現・大連賓館、ラストエンペラー溥儀の部屋が残されている。ホテル内の会議室で田中角栄首相と周恩来首相が会談)。
・関東軍司令部(現・関東軍司令部旧址博物館)
・水師営会見所(乃木将軍とステッセル将軍が会見)
・二〇三高地(この高地から旅順を攻略。日露戦争最大の激戦地となる)
・東鶏冠山北堡塁(ロシアのトーチカ要塞、二〇三高地と並ぶ激戦地)
・南山古戦場(日露戦争初期の激戦地)
・白玉山塔(東郷平八郎と乃木希典が日本兵慰霊のために建てさせた慰霊塔)
・満鉄本社(現・大連満鉄旧址陳列館)
・大連港(終戦時、約20万人の日本人がこの港から引き上げた)
・正岡子規句碑(金州城にて「行く春の酒をたまはる陣屋哉(かな)」子規)
・旅順博物館   他

さて、大連滞在中、2日目からYahooやFacebookが繋がらなくなった。ネットの不通は、チャイナではよくあることらしく、国際会議などが開かれるときなどに規制がかかると聞く。

そういえば滞在最終日の6月4日は、28年前に天安門事件が起きた日。今回の規制は、民主化運動の発生を抑えるためのものだったようだ。

30数年前のことだが、チャイナから静岡大学に来ていた留学生と親友になった。だが、天安門事件後に「もう会えなくなります」という手紙が来て、それ以来、彼とは音信普通のままである。おそらく、自由を求めてアメリカに渡ったのだと思う。

天安門事件の後、チャイナでは反日教育が盛んになり、それまでの熱烈歓迎ムードがすっかり消え失せた。そして、日本を悪玉とする政治宣伝が行われるようになった。

このまま人民の不満を「反日」で逸らしていたところで、少しも埒はあかないと思う。アジアの大国として、早く徳治による王道政治に戻って欲しい。