今日から、時間の流れを起こす人となれ!

こんばんは。昨年の夏、孫が飼っていたカブトムシが卵を産み、幼虫からサナギとなり、8匹全部が成虫となりました! ヲスが5匹、メスが5匹です。

◆明日は浜松で講義します。隣の愛知県からも、数人のご参加を頂いています。
☆東林志塾(浜松)7月11日(火)午後6時30分~9時00分

会場:21世紀倶楽部(静岡新聞社・静岡放送プレスタワー)
松下幸之助の遺言(4)志を曲げてはならない。
人間を知り、世間の味を知って欲しい。使命感を持て! 他
参加費:オブザーバー3000円
電話090・5875・7687(事務局・川岸和花子さん)
FAX0538・38・9944

◆林塾出身者の選挙結果のお知らせ
◎トップ当選 太田晃司塾士(6期生)奈良県奈良市議選 7月9日(日)

◆林塾出身者の選挙のお知らせ。「政治家天命講座」で学んだ者たちです!
☆9月10日(日)投開票・奥山渉塾士(5期生)大阪府柏原市議選
☆9月17日(日)投開票・嶋野浩一朗塾士(3期生)大阪府摂津市議選
☆9月17日(日)投開票・上甲誠塾祐(10期生)大阪府阪南市議選
☆10月22日(日)投開票・松尾崇塾士(3期生)神奈川県鎌倉市長選
☆10月29日(日)投開票・冨安正直塾士(5期生)福岡県苅田町長選

◆林塾・塾士が講義する綜學講座のご案内 ※下記以外にも多数の塾士が、綜學や原点・大局・本氣・徹底の講義・指導を全国各地で行っています。
関西:「綜學社福丸塾」
綜學師範代・福丸孝之塾士(1期生)
https://www.facebook.com/sogak……u/?fref=ts

関東:「むさしの綜學塾」
綜學師範代・伊藤央(ひさし)塾士(5期生)
https://www.facebook.com/musas……u/?fref=ts

◆学生綜學サークルのご案内
関西:「京大綜學サークル」
担当:綜學社京都学生青年研修会(学生綜學塾)塾頭・末利公一さん
問い合わせは→ koichi.suetoshi@gmail.com

●日記● 平成29年7月8日~9日

◆7月8日(土)、伊那谷文明維新塾(長野県駒ヶ根市)で講義。演題は「明治の大政治家、小村壽太郎侯の胆力はどこから来たか!」~強国を相手に国難を救ったサムライ人生の「原大本徹」とは~。

講義内容を経営者や政治家の人生に置き換えて頂けるよう、心を込めて話したところ、「拝聴した講義を自分のエネルギーにしてまいります」、「生きる指針を頂きました」、「講義の余韻を魂に刻んで、学びをしっかり自分のものに生かしてまいります」といったご感想を多数頂いた。本当に嬉しく思う。毎回必ずご参加の、衆議院議員・宮下一郎さんはアメリカ出張のためお休み。

本日ご参加の政治家の皆さんは下記の通り。
佐々木 祥二 氏(長野県議会議員)
三原 一高 氏(駒ケ根市議)
小原 茂幸 氏(駒ケ根市議)
坂井 昌平 氏(駒ケ根市議)
伊東 正人 氏(駒ヶ根市議)
久保島 巌 氏(飯島町議)
橋場みどり 氏(飯島町議)
柳生 仁 氏(中川村議)
清水 正康 氏(宮田村議・議長、伊那谷文明維新塾事務局、林塾1期生)

また、経営者など政治家以外の方々も多数お運び下さった。
秋山 典禎 氏(宮下一郎代議士秘書)
武田 勇 氏(経営者)
野溝 祐稔 氏(経営者後継者・婿養子)
千葉 秀郁 氏(上記野溝の実の兄)
名和 喜男 氏(詩人)
富永 憲和 氏(経営後継者、地域の国学に関心あり)
山田 益 氏(経営者、宮田村商工会長)
横前 忠幸 氏(経営者、菓子製造会社)
吉川 貴久 氏(設計士、長野県建築士会役員)

◆7月9日(日)、林塾3期生で社会活動家の神谷宗幣氏(塾祐)の結婚披露宴に出席。会場の大阪ヒルトンホテルに、全国から250名を超える同志・友人を集める力は流石だ。普段の熱意と活動力の賜だろう。これからの飛躍が楽しみだ。参加者の内35名が、林塾出身の首長・議員らであった。

●評論・随筆●

◆片方の言うことだけ聞いていてはいけない…◆

どんな訴えも、片方の言うことだけ聞いていてはいけない。必ず、もう一方の言い分にも耳を傾けよう。そうすれば、偏った情報による判断ミスを防ぐことが出来る。

特に、日常信用している者の発言は、すっとこちらの心に入って来るから注意が要る。その話が巧みなほど、後で「まさか、あの男が」、「いくらなんでも、あの女が」ということになる。

とにかく、目の前の人間の訴えに共感しつつも、それに飲み込まれてしまわないように。必ず反対側の人の意見もよく聞いて、一段高いところから「対立しつつも調和する」ための結論を出すようにしよう。

追って:全ての因は我にありというが、翻弄されて判断ミスを犯す元は、その人(自分)自身にあるものだ。

好き嫌いの激しい人は、好きなほうにしか耳を傾けない。金が欲しい人は、儲け話にコロッと騙される。

地位・名誉が好きな人は、それらに簡単に釣られる。臆病な人は、威圧であっけなく押さえ込まれる。

保身しか頭にない人は、安全なほうにずるずる引きずられる。組織等をまとめるのが面倒な人は、「任せてくれ」と言ってくる人に荒らされる。

そうやって自分が原因となり、判断がおかしくなってしまうのである。

そういう人が指導的立場にいる場合、なかなか両方の言うことに耳を傾ける余裕は持てないだろう。

◆自分が真剣なら、あと二人を見つければ天下が動く!◆

浜松市では、全小学校で「二分の一成人式」、全中学校で「立志式」、そして中学校区ごとに「成人式」を開催している。10歳の二分の一成人式から、20歳の成人式へ向かう流れが出来ているから、式が荒れたりすることは全然無い。

だが、簡単にそこまで出来たわけではない。もう15年以上前のことだが、心ある市議会議員や教師の人たちと協力し合って「立志教育宣言都市構想」というのを起こし、立志式の普及を進めていったことがある。その流れが続いて、全市開催に行き着いたのだ。

最初のとき、同調してくれる人を募るのに苦労した。ある校長は、「実際に担当する教師が動かないと上手くいかない」と言った。ある教師は、「学校が行事として決めないことには難しい」と言った。

ある学校の先生は「上(教育委員会)が指示を出せば、やり易くなるのに」と言った。そして、教育委員会のある人は「そういうことは現場(学校)毎にやるべきだ」と言った。また、PTAが率先してやればいいとか、親が個々にやればいいとか言う人もいた。

新しいことを起こすのは本当に難しく、誰も自分から動こうとしないということを覚る経験であった。それでも浜松が上手くいったのは、最初に真剣な人が数人集まったからだ。

アメリカのある心理学者が研究したところ、「みんな」の数は三人だったという。「みんな言っている」とか「みんなやっている」と思うのは、たった三人目からだという結果が出たのだ。

だから、自分が真剣なら、あと二人を見つければいいことになる。本氣であれば、あと二人を集められないわけがなかろう。一人は点、二人は線、三人ならば面となって、多くの人を巻き込む求心力が生まれるのだ。

事は一人から起こり、天下は最初の三人によって動く。諦めることなく、思い切ってドンとやろうではないか!

◆今日から、時間の流れを起こす人となれ!◆

我々は、時間を約束しながら生活しているが、本当は場所によって時間の流れ方が違うらしい。

宇宙では、重たい星になるほど時間がゆっくり進み、ブラックホールになると時間は止まるとのこと。即ち元々「同時」というものは無いのだ。

重力場であるほど時間が遅くなる。だから地球上でも、高層ビルの上層階よりも地下のほうが、ゆっくり時間が進むのだが、日常生活では全然関係ない。

しかし、それとは別に、電信電話やインターネットが無かった昔の生活は、遠くとの同時が存在しなかった。

浅野内匠頭が吉良上野介に斬り付けた刃傷事件が、江戸から赤穂に伝わるまで超早駕籠で4日半かかった。幕末の京都で起きた政変を江戸に知らせるのに、リレー飛脚で3~4日を要した。

従って、大宇宙に同時は無いし、地上にあっても、同時に情報を共有するということは、あり得なかったのである。

情報化が進み、世界に起こる出来事がリアルタイムで伝わるようになった。今日我々は、同時を当然として生きるようになったわけだが、それでもまだまだ人類は時間差の中に生きている。

率直に言えば、同時だと思うのは観念であって、我々は相変わらず「自分の時間」に生きているのである。ならば、せっかくの人生を、時間の主人公になって生き抜きたい。

それには志が必要だ。立志の人を見よ!時間は彼を中心に刻まれていくではないか。

さあ、よどんだ時間は捨てよう! 今日から、時間の流れを起こす人となるのだ。