アブナイ男と、何をしでかすか分からない女…

こんばんは。晴れると暑いですね!

◆本日、米朝会談でトランプ大統領と金委員長は、合意文書に署名しました。
このビッグニュースの陰で、G7は亀裂状態となり、その一方で上海協力機構は結束を強めています。米朝会談も見逃せませんが、世界情勢の大局を見忘れてはいけません。アメリカが衰退し、ドイツやフランスがチャイナに擦り寄る中で、これから日本はどういう世界ビジョンを描くかです。

◆今夜は浜松、17日(日)は大阪で講義をします。
☆東林志塾(浜松)6月12日(火)午後6時30分~9時00分
会場:21世紀倶楽部(静岡新聞社・静岡放送プレスタワー)
じっくり味わい、人生の骨格を養う「論語」講座(4)動く者ほど動かぬものを持て! 年齢に応じた心得、介護に必要な敬愛 他
戦前の日本は思想戦に敗れていた!封印の書『学術維新原理日本』講話(4)先祖がカミ、宗教的迷信と科学的迷信、数字は約束に過ぎない、多数決の間違い
参加費:オブザーバー3000円 
電話090・5875・7687(事務局・川岸和花子さん)
FAX0538・38・9944

☆関西林英臣勉強会
日時:6月17日(日)午後1時半~4時半
演題:『徒然草』で味わう中世の心
鎌倉武士と質実剛健、東国と都の違い、もののあはれと無常観 他
会場:難波神社(大阪市中央区博労町)
参加費:ビジター3500円 大学生2000円 高校生以下無料
※年間(4回)お申込者は12000円
お問合わせ:まず下記へメールを下さい。主催者からご連絡致します。
info@hamanoyukiko.com

【ご案内】林塾大会が“半日公開講座”となりました!

7月19日(木)午後5時から予定されている「国是担当地方議員大会」ですが、午後1時から“同じ会場ホテル”で林塾塾生に対する林の講義があります。そこで、せっかくの機会ですから午後1時からご参加頂きたいと考え、半日の公開講座と致しましたので、ここに改めてご案内申し上げます。

既に午後5時からの大会にお申込の皆様には、是非とも午後1時からお出ましを賜りたく存じます。また、まだお申込でない方は、この機会を何卒お見逃しなくお運び頂きたくご案内申し上げます。

参加費は、午後1時からの講義も、午後5時からの大会も、どちらも無料です!
詳細は下記の通りです。

日時:7月19日(木)
会場:新大阪江坂東急REIホテル(大阪府吹田市)
午後1時~4時 林塾「政治家天命講座」第13期文月例会(参加無料)
演題「安岡正篤の経世帝王学」~昭和歴代首相が師と仰いだ教えの根本~
午後5時~7時半 国是担当地方議員大会(参加無料)
発表!国是担当地方議員が担う、国家百年の計「新日本創成論」
講師:林英臣(林英臣政経塾塾長)
パネリスト:鈴木英敬氏(三重県知事)
パネリスト:中田 宏氏(元衆議院議員、元横浜市長)
パネリスト:南出賢一氏(大阪府泉大津市長、林塾4期生)
コーディネーター:畑中政昭氏(大阪府高石市議・前議長、林塾4期生)
午後7時半~9時 懇親会(有料5000円)

日本を、このまま終わらせるわけにはまいりません。今我が国は、明治維新以来150年に亘って蓄積された歪みに苦しんでいます。日本を真に復活させるため、同じ年数の「国家150年の計」を我々は描きました!

安岡教学の講義3時間、国是地方議員大会&懇親会4時間、計7時間しっかりと日本の将来に焦点を合わせて頂く講座です! 万難を排してご参加下さいませ。

お申込はこちらへお願いします → hayashihideomi.seikeijuku@gmail.com

お名前、ご住所、連絡先、メールアドレスを明記の上、ご参加日程を下記から選んでお知らせ下さい。
(1)午後1時から懇親会終了の9時まで全日程ご参加
(2)午後1時~7時半までご参加
(3)午後1時から4時までご参加
(4)午後5時から懇親会終了の9時までご参加
(5)午後5時から7時半までご参加
(6)7時半から9時までの懇親会にご参加(有料)

●日記● 平成30年6月9日~10日

◆6月9日(土)、イシキカイカク大学(第1期)で林の最終講義を務める。

まず、頂いたご質問である「知情意」の意味について答えとして、知情意を主観・客観・表観・裏観のマトリックス表を用いて解説。

次に、これも複数のご質問があった「墨子」の思想について、その概略と、良いカリスマと悪いカリスマの見分け方について述べる。

そして「原点・大局・本氣・徹底」について話し、各自置き換えをして頂いた。

◆学生さんたちは、大学を「イカ大」という愛称で呼び合っています。うちの大学という我が事イシキで、日本のカイカクを志しているのです。どうぞ皆さんも、第2期生として学んで下さい! 林は第2期の講師ではありませんが、何らかの形でこれからも学生と関わらせて頂きます。

イシキカイカク大学(第2期)の詳細はこちらから!
https://www.ishikikaikaku.jp/ik2lp01/

◆6月10日(日)、『文明が転換するとき』出版記念パーティに出席

文明法則史学研究所代表・服部匡成さん著『文明が転換するとき』の出版記念パーティに出席し挨拶を述べました。丹念に研究された内容をまとめてあり、この一書により、服部さんは村山文明法則史学の正統後継者になられました。私は、祖である村山節先生から後継指名を受け、これまで自分なりに研究と啓蒙に取り組んできました。本日、その重いバトンを服部さんに渡すことが出来てホッとしております。村山節先生の娘婿である吉田正博さんもお越しになり、ここに学統がきちんと繋がりました。服部さんの今後のご活躍に期待致します。

『文明が転換するとき』幻冬舎ルネッサンス文庫 定価(本体800円+税)

☆本日のパーティにご参加の、林と旧知の皆さんは下記の通りです。これまで文明法則史学を支えてきて下さった皆さんです。感謝の心を込めてお名前を記します。※下記は確認出来た「林の知人」のお名前です。事前に頂いていた名簿と当日参加者には異同があり、早退された方もおられ、全部の方々を把握しておりません。そのため、万一ご紹介漏れの際は何卒ご容赦下さい。

服部 泉さん(服部匡成さんの奥様)
田中 肇さん(経世志塾創始世話人、服部さんを倫理法人会にご紹介)
※倫理研究所創始者の丸山俊雄先生は、文明法則史学に着目された人物の一人
横前忠幸さん(伊那谷文明維新塾参加者、服部さんは殆ど毎回ご参加)
山下耀弘さん(岡山法則史学研究会世話人、服部さんを林に紹介)
山下花慧さん(岡山法則史学研究会世話人、服部さんを林に紹介)
永山勝英さん(岡山法則史学研究会参加者、林と欧州古代文明の旅)
岡本雅之さん(岡山法則史学研究会参加者、現在は静岡県三島市に在住)
小林たけしさん(経世志塾参加者、歴史と人物勉強会主宰者)
峯友昭幸さん(経世志塾参加者、湘南天命講座受講者)
※経世志塾で林は、常に文明法則史学の大局観を講義。服部さん毎回ご参加
星 武司さん(神奈川県倫理法人会会長、湘南天命講座受講者)
丸山修市さん(神奈川県倫理法人会、湘南天命講座受講者)
吉田 平さん(政経倶楽部連合会理事長、文明法則史学は政経倶楽部の基盤)
谷口郁子さん(政経倶楽部連合会東京支部長、服部さんを例会講師に招く)
中込清美さん(政経倶楽部連合会)

☆林塾からの参加者は下記の通りです。
久野晋作塾士(3期生、千葉県我孫子市議)
伊藤 央塾士(5期生、東京都小平市議)
岩堀研嗣塾士(6期生、千葉県松戸市議)
山本光宏塾士(7期生、前神奈川県大和市議)
高橋浩司塾士(9期生、神奈川県鎌倉市議)
森田賢児塾士補(12期、静岡県浜松市で活動中)
※林英臣政経塾の大局観は文明法則史学が基礎。服部さんは林塾の講師

●評論・随筆●

◆アブナイ男と、何をしでかすか分からない女…◆

一回限りのこの人生、どちらに行くか迷ったら、人生を賭けて惜しくないほうを選ぼう。本氣になれるほう、自分にしか出来ないほうを選ぶのだ。

但し、単なる自己実現程度の目標では、まだまだ小さい。日本は国難、世界は文明転換の最中にある。まさに人類が滅びてしまうかも知れないくらいの危機なのだ。

だから、どうせやるなら、日本を変え世界人類を救うほどの事をやってみようじゃないか!

全然リスクの無い人生なんてつまらないぞ。命懸けの志士となって、本氣を貫こう。そういう人間に天は味方してくれるのだ。

アブナイ男と、何をしでかすか分からない女、大いに結構じゃないか!