人間は死ななくなる。意識として死ななくなる

こんばんは。連日の猛暑の中、14日は3時間の講義、15日は6時間の講義、16日は4時間の助言を務め、流石に氣力・体力を消耗しました!
80歳で入滅するまで説法に努めておられた釈尊に学び、小生も顔晴ります。

【ご案内】19日(木)は大阪、21日(土)は神戸で講義します!
★林塾国是担当地方議員大会~半日公開講座 7月19日(木)午後1時から

会場:新大阪江坂東急REIホテル(大阪府吹田市)
午後1時~4時 林塾「政治家天命講座」第13期文月例会(参加無料)
 演題「安岡正篤の経世帝王学」~昭和歴代首相が師と仰いだ教えの根本~
午後5時~7時半 国是担当地方議員大会(参加無料)
発表!国是担当地方議員が担う、国家百年の計「新日本創成論」
講師:林英臣(林英臣政経塾塾長)
パネリスト:鈴木英敬氏(三重県知事)
パネリスト:中田 宏氏(元衆議院議員、元横浜市長)
パネリスト:南出賢一氏(大阪府泉大津市長、林塾4期生)
コーディネーター:畑中政昭氏(大阪府高石市議・前議長、林塾4期生)
午後7時半~9時 懇親会(有料5000円)

お申込はこちらへお願いします → hayashihideomi.seikeijuku@gmail.com
お名前、ご住所、連絡先、メールアドレスを明記の上、ご参加日程を下記から選んでお知らせ下さい。
(1)午後1時から懇親会終了の9時まで全日程ご参加
(2)午後1時~7時半までご参加
(3)午後1時から4時までご参加
(4)午後5時から懇親会終了の9時までご参加
(5)午後5時から7時半までご参加
(6)7時半から9時までの懇親会にご参加(有料)

☆今啓林会(神戸)7月21日(土)午後6時半~9時
じっくり味わい、人生の骨格を養う「論語」講座(6)先祖がいるように祭り、神々がいるように祭れ。知らぬフリして確認せよ 他
戦前の日本は思想戦に敗れていた!封印の書『学術維新原理日本』講話(6)日本の風土に適した生活がある~民族・国民の歴史や伝統の違いを忘れるな!諸悪の根源は大学・財閥・政党・新聞・雑誌なり~学術維新を起こそう! 他
会場:神戸一宮神社 社務所  参加費:ビジター3000円
電話078・242・3399(今啓パール(株)今井啓介さん)

●日記● 平成30年7月14日~16日

◆7月14日(土)、笹塾(小笹嘉洋代表)主催:京都林英臣勉強会で講義。
今日は流動化する世界情勢について、文明法則史学をもとに話す(3時間)。前半は、本年1月に浜松と神戸で話した時局講話の内容を復習。後半は、「平成30年夏…見えてきた世界の動き」という新たな見解を加えつつ述べた。
その要点は下記の通り。

平成30年夏…見えてきた世界の動き
☆この夏、「日本人よ、早く目覚めよ!」と、天が諭している気がしてならない
☆世界は同時崩壊の危機にある!~高度な相互依存関係が連鎖的に崩れてしまう
☆欧州は欧州内のことで手一杯になってきた~ポピュリズムに抗しきれない
☆欧米間に断裂が起こってきた~G7首脳宣言をトランプ大統領がひっくり返すアメリカは一方的にイラン核合意から離脱(5/9)
☆チャイナの強みがハッキリしてきた~共産党が全てを指導し意志決定早だが巨大国家の統制には難しさもある
☆アメリカは、今ならまだチャイナを叩ける、と考えているのかも知れない大統領補佐官や国務長官に強硬派が揃ってきた
☆米朝首脳会談は、チャイナとの“戦い”に専心するためか
☆そして、米中貿易戦争が始まった!アメリカの制裁とチャイナの報復 しかし有事となれば、お金を負担し、人命の犠牲を払うのは日本
☆アメリカは持久戦に自信があるのかも~好景気にあり、就業者も増えている 貿易摩擦はきっかけ、アメリカがチャイナを抑えたいのは通信やハイテク分野
☆金融市場の動揺を嫌うチャイナは当面忍従、長期展望で逆転のチャンスを狙う
☆米中対立で、いよいよ文明交代期の“暴風域(2025~2050)”へ突入
☆ロシアはチャイナの膨張を恐れている資源に恵まれた中央アジアと、北極海ルートを取られてしまう
☆プラスチックごみが新たな地球環境問題に~環境問題も食糧問題もこれから

講義と懇親会終了後、祇園祭の宵山を見学。お囃子の音色が雅でいい。

◆7月15日(日)~16日(月)、第5回「やまとことば合宿講座」に臨む。講義6時間、指導と助言4時間。13名の受講者を相手に、一所懸命話した。

人生を決めるのは、先天の素質と後天の学習・環境、そして姓名がもたらす運氣なり。今回も、助言の際に働く霊感が冴え渡り、氣力・体力を使い切った!

●評論・随筆●

◆組織や活動が広がらないのは…◆

組織が小さいうちは、何でも自分でやるしかない。でも、ある程度大きくなったら、人に任せていかないと、それ以上成長しなくなる。

どのタイミングで、何をどこまで任せたらいいのか。その見極めは確かに難しい。

識見と知恵、情熱と行動力。すべてに優れていても、まだ足りないものがある。それが器量だ。仲間に任せられる器量というものが乏しいトップのもとでは、組織や活動が伸びていくわけが無い。

まずは意識から変えよう。自分が起こした会社だが、自分のものではない。自分がはじめた会だが、自分が勝手に出来る活動ではない、などと気持ちを切り替えるのだ。

無気力や無責任の勧めとは違う。要するに、無我となり空虚となれるかどうかである。無我、空虚などの言葉に、トップとしての殻を破るヒントがきっと潜んでいることだろう。

◆人間は死ななくなる。意識として死ななくなる◆

その人の情報はAIに全て保存。
AIは、精巧に創られたアンドロイドに組み込まれる。

AI+アンドロイドによって、個人の感情は継続し、しかも新たな思考が展開される。念子も勿論出される。

もはや死なないのと同じだから、面倒な肉体は要らない。

そうして、とうとう人は不死を手に入れた。
でも、その後、人類はどうなるのだろうか。

◆林塾関係者の選挙情報です。人物・識見とも、しっかりしています。
☆10月7日(日)告示→14日(日)投開票
今中真之助塾士(11期生)熊本県宇土市議選
☆10月19日(金)告示→28日(日)投開票
先崎温容塾士(6期生)福島県議会補欠選
☆11月11日(日)告示→18日(日)投開票
岩堀研嗣塾士(6期生)千葉県松戸市議選