自分の仕事はこれからやと思っている

こんにちは。本日は、日低く極まる「冬至」です。午後は空手道永深会の稽古納めに臨み、夜は同会のクリスマス会に参加します。

◆「自分の仕事はこれからやと思っている」 松下幸之助 満86歳 松下翁を見ならい、今この時から始めるという心意気で来年も顔晴りましょう!

【ご案内】「名古屋綜學院 林ゼミ」熱心な方々からお申込を頂いています!
林の40年間の蓄積を余す所なく、このゼミで講義致します! 講義を受けて下されば、混迷する世界の全体像が掴めるようになります。日本の原点が、感動と共に分かってきます。そして、自分の役割が見えてまいります。

1年1期 講義3時間&ワーク(気付きと置き換えなど)2時間によって、密度の濃い学びの場を創ります。如何でしょうか、来年一年間、毎月一回、時間を作ってご受講下さいませんか!

会場は名古屋城の近くです。朝10時からの開催ですから、東海地方の皆様はもとより、関東や関西の方々にもご参加頂けます。

第1回:平成31年(2019)年1月12日(土)
今、日本各地で指導者育成法として注目されている話題の全体学、綜學とは何か。その立志の手法「原点・大局・本氣・徹底(原大本徹)」と綜學十訓。

年間予定などの詳細とお申込は、こちらをご覧下さいませ↓
https://www.facebook.com/event……238302778/

●日記● 平成30年12月18日~21日

◆12月18日(火)、米澤綜學塾(相田光照実行委員長)で「松下幸之助塾長の遺言」第2回を講義。本日は、松下政経塾の提言二本柱である「無税国家論」と「新国土創成論」を解説した。米沢市教育委員会が後援。

懇親会は、焼肉フルコースで大いに盛り上がる!林塾以外の政治家として、齋藤千惠子氏(山形県米澤市議)がご参加。

林塾からは下記4名が運営等に参画。
相田光照塾士(7期生、山形県米澤市議、米澤綜學塾実行委員長)
小島 一塾祐(11期生、山形県米澤市議、塾長アテンド担当)
中村圭介塾士(7期生、山形県米澤市議)
川崎朋巳塾士(9期生、山形県上山市議)

◆12月19日(水)、会津立志セミナーで講義。演題は「日本のナイチンゲール瓜生岩子と、修養団創設者の蓮沼門三」。主催は會津聖賢塾(江花圭司代表は林塾7期生、喜多方市議会議員)。

それにしても江花塾士は林の使い方が上手い!講義の前や翌日に、地元大病院の院長、修養団青年部長、ロータリークラブのガバナーなど、有力名士のところに林を連れ回してくれる。それによって勉強会の肝煎や参加者が増え、同時に選挙基盤も充実していく。一石三鳥の効果が生ずるよう、実に上手く林を使ってくれるのである。

12月21日(金)、昼に上京。株式会社フォーバル代表取締役会長で、一般社団法人・公益資本主義推進協議会(PICC)会長の大久保秀夫氏と対談。内容は「王道経営」第4号に掲載される予定。なお来年1月、林は公益資本主義推進協議会(PICC)の相談役に就任する。