とりあえず、イオンに行こう!

こんばんは。今日から本暦(旧暦)の二月に入ります。
本暦は月の運行が基になっており、最初の日を朔日(ついたち)と言います。「ついたち」は「つきたち(月立ち)」が元の大和言葉です。

◆4月は統一地方選があります。衆院補選を含め、林塾関係者から65名が立候補する予定です。しっかり勝ち上がって、日本改新+文明維新を果たすことを期待しております。

◆今月前半の講義予定です。浜松、神戸、広島、大阪で話します!

☆東林志塾(浜松)
日時:3月12日(火)午後6時30分~9時00分
じっくり味わい、人生の骨格を養う「論語」講座(12)才能を隠すのは誰にでも出来ることではない、孔子の青年教育への志 他
戦前の日本は思想戦に敗れていた!封印の書『学術維新原理日本』講話(12)労働時間は短いのに、生産物の価値が高い場合があるのはなぜか? 他
会場:21世紀倶楽部(静岡新聞社・静岡放送プレスタワー)
参加費:オブザーバー3000円 
電話090・5875・7687(事務局・川岸和花子さん)
FAX0538・38・9944

☆今啓林会(神戸)3月15日(金)後6時半~9時
じっくり味わい、人生の骨格を養う「論語」講座(13)孔子は弟子をどう推薦したか、限界は自分がつくっている、やせ我慢の美学 他
戦前の日本は思想戦に敗れていた!封印の書『学術維新原理日本』講話(13)美濃部達吉博士への批判、後進的な社会状況からロシア革命の原因を学ぶ 他
会場:神戸一宮神社 社務所  参加費:ビジター3000円
電話078・242・3399(今啓パール(株)今井啓介さん)

☆広島文明維新塾 3月16日(土)午後5時~8時
明治維新以来、日本に溜まった5つの歪みを正す
~国家150年の計と「新日本創成論」~
会場:アートサロン(広島市横川)
参加費:一般3000円(当日受付) 学生1000円
電話090・2253・8703(事務局 荻村文規さん)
http://bunmei-ishin.com/

☆関西林英臣勉強会 第3期1回目(年4回開催)
日時:3月17日(日)午後1時半受付 午後2時~5時
演題:『古事記』~日本神話が示す宇宙の生成、地球の成立、人類登場の意味
学びの主なポイント
1 神代の昔とつながって、日本の原点を知る
2 大和言葉の発声で、古代人と対話する
3 日本人としての感性や霊性を開発する
会場:難波神社
参加費:年間お申込の方1万2千円(大学生8000円、高校生以下無料)
    各講座3500円(大学生2000円、高校生以下無料)
お問合わせ:まず下記へメールを下さい。主催者からご連絡致します。
info@hamanoyukiko.com

●日記● 平成30年3月6日~7日

◆3月6日(水)夕方、元横浜市長の中田宏さんが、林英臣事務所に突然来訪!これから浜松駅近くで講演するらしい。

彼は松下政経塾時代に、拙宅に何度か宿泊し、長男の子守りもしてくれたことがある。以来、ときどき寄ってくれる。

一方私は、これから上京し、明日は政経倶楽部東京例会に参加する。

◆3月7日(木)朝、政経倶楽部連合会・東京支部例会(谷口郁子支部長)に参加。講師は、未来社会プロデューサーの松田学先生(松田学政策研究所代表、元衆議院議員、元東大大学院客員教授)。

松田先生のご研究は、徹底したリアリズムと全体観で構築されている。現実の日本の諸問題と、あるべき理想とのギャップをどう埋めるかについて、氏ほど明確に描き切っている研究者はなかなか見当たらない。政治家にも滅多にいない。そして、日本の可能性を強く信じている情熱家だ。

松田先生のご講義内容が基本となって、予算委員会等で議論がなされる日が来ることを心から望む。

●評論・随筆●

◆とりあえず、イオンに行こう!◆

実家が浜松にある若者たちは、帰省すると、友人と連れ立ってイオンに行くらしい。イオンなら、買い物や食事が出来、お出かけ気分になって活気の中に身を置けると。

これが大都市なら、いわゆる繁華街に繰り出せば楽しめるわけだが、浜松の中心部はすっかり廃れてしまい、若者を引き寄せる魅力が消えてしまった。

とりあえずイオンへ行く。そういう地域は、若者にとって田舎の部類に入るのだそうだ。浜松中心部は、もはや人がまばらな老朽街と化した。

さらにアメリカ郊外では、デッドモールが急増しているとのこと(3月3日付日経新聞)。ネット通販に押されて、廃墟モールやモールシャッター街になったのだ。

そういう現象が日本に広まれば、益々地方は衰退してしまう。この統一地方選で、候補者たちはどこまで地域と日本の将来を心配しているのだろうか。