経世志塾から2名の議員が当選

こんにちは。
浜松は晴れになりました。

◆今日は午後6時から京都で講義します。
直接会場にお越し頂いても大丈夫です。

転換期を生き抜く実学道場~京都綜學講座 第2回
文明論(2)古代エジプト、ヨーロッパに見る文明波動
吉田松陰と『講孟箚記』…高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文らを育てた立志教育
日時:6月4日(土) 午後5時半受付 講義6時~ 茶話会8時過ぎ~9時
会場:キャンパスプラザ京都5階演習室(JR京都駅ビッグカメラ前)
会費:学生1000円 社会人3000円
詳細チラシ→  http://www.hayashi-hideomi.com……s/356.html
お問い合せは→ sougakukouza.kyoto@gmeil.com(綜學社青年部・大久保)

◆明後日6日(月)は会津で講義があります。

会津立志セミナー「動乱の男たちに学ぶ」リーダーのための活学講座
6月6日(月)18時30分~21時
第1回 坂本龍馬 出会う相手を魅了し、同志に迎え入れてしまう人間力
その成長の秘訣5カ条とは。龍馬がまとめた新政府の基本方針「船中八策」
会場:会津アピオ/アピオスペース
参加費(単発4000円)など詳細は→ URL: http://www.lisshi.com
(事務局・野口さん)

●日記● 平成23年6月1日~3日

★☆経世志塾から2名の議員が当選

6月1日(水)、経世志塾で講義。原点・大局・本氣・徹底が、有事ほど大切になることを述べてから、二宮尊徳の教えを話す。動く時代ほど、動かない理念や大志を持たねばならない。志に基づく方向性が明らかでなければ、復興や再生の原動力は起きないのだ。

同塾の受講生から先月、2名の議員が誕生した。文教区議会議員に当選の田中敏之君と、川崎市議会議員に当選の吉田ふみ子さんだ。

懇親会が終わってから、小雨降る中、清水坂下の定宿に戻る。

★☆神田明神に参詣

6月2日(木)、梅雨空の東京。綜學社の理事であり、編纂室長の小倉久延君とお茶の水のホテルで会う。大和言葉の音義を解説する、冊子編纂の打ち合わせだ。

会議後、江戸総鎮守の神田明神に参詣してから、神田明神下の鰻屋「喜川」(明治29年開業)に寄る。ここは江戸前の甘すぎない味がいい。神田明神下は、あの「銭形平次」が住んでいたところでもある(注:銭形平次は小説であり、架空の人物)。

政党による民主政治自体が機能不全に陥っている

本日午後、菅内閣不信任決議案が否決された。直前まで賛成に息巻いていた議員の、その殆どが反対に回ってしまった。馬鹿馬鹿しいくらいの茶番である。

今の政治は、自壊の途中にある。政権交代したら、現象的にもっと悪くなると言ってきたものの、ここまで弱々しいとは思わなかった。

しょぼくれた泣き顔でお遍路さんの話も出し、すぐに辞めるかのような雰囲気を漂わせながら、不信任案が否決されると豹変し、来年まで続けると言い張る菅首相。呆れた“演技派”だ。

いつものことだが、立場と方向をころころ変える鳩山前首相。結局何がゴールなのか、今ひとつビジョンが伝わって来ない小沢前代表。政争の渦の中に身を置くことが、政治家としての快感なのだろうか。

既成政党は、もう完全に無力化していると見た方がいい。政党による民主政治自体が、機能不全に陥っていると言えよう。金魚鉢の中のごたごたは放っておいて、粛々と日本改新に邁進するのみだ。

国会が揺れる中、文明論を学び合う

午後5時過ぎから、林塾・国是部会長の田沼隆志塾士(千葉市議)と、今後の部会の進め方について打ち合わせをした。

そして6時から、林塾「政治家天命講座」関東・6月例会で講義。国会が不信任決議案で揺れる中、政治家講座では文明周期論という大局観を学び合った。塾生6名のほか、塾士・塾士補8名が参加してくれた。

会議2件、講義3時間、質疑応答1時間、今日も力いっぱいがんばった。地道な歩みだが、綜観には派手な立ち回りは似合わない。

「経世志塾」会場の湯島天満宮、政治家天命講座・関東の会場である「日本教育再生機構」、それから神田明神や昌平坂学問所(湯島聖堂)。これらは、いずれも綜観の定宿から歩いて5~10分程度の距離にある。京都もそうだが、歩ける範囲に拠点が収まってしまうのが面白い。