ズタズタに斬られることを覚悟してやって来い!

こんばんは。土日は、大阪で計7時間講義しました。
林塾「政治家天命講座」第14期・全国合同皐月例会です。

◆明日は浜松、17日(金)は神戸、来週21日(火)は博多で講義します。

☆東林志塾(浜松)
日時:5月14日(火)午後6時30分~9時00分
世界と日本の動きを読む~なぜ天皇はキングではなくエンペラーなのか。他
じっくり味わい、人生の骨格を養う「論語」講座(14)
相手のレベルに応じて語らねば伝わらない。「仁」は身近な事から行え。他
戦前の日本は思想戦に敗れていた!封印の書『学術維新原理日本』講話(14)
マルクスにとって宗教とは何だったのか。ロシア革命後、トルストイや
ドストエフスキーなどの偉大な作家が現れなくなったのはなぜか。他
会場:21世紀倶楽部(静岡新聞社・静岡放送プレスタワー)
参加費:オブザーバー3000円 
電話090・5875・7687(事務局・川岸和花子さん)
FAX0538・38・9944

☆今啓林会(神戸)5月17日(金)午後6時半~9時
世界と日本の動きを読む~なぜ天皇はキングではなくエンペラーなのか。他
じっくり味わい、人生の骨格を養う「論語」講座(15)
尊敬する人を夢に見るかどうか。学習の秘訣は気付きと置き換え。他
戦前の日本は思想戦に敗れていた!封印の書『学術維新原理日本』講話(15)
母国語は母の言葉。国民文化は時代遅れか。独労働運動が過激だった理由。他
会場:神戸一宮神社 社務所  参加費:ビジター3000円
電話078・242・3399(今啓パール(株)今井啓介さん)

★九州政経倶楽部例会 5月21日(火)
演題:今、一番九州政経倶楽部の皆さんに聞いて欲しいこと
・リーダーに必要なインテリジェンス
・新元号「令和」の意味
・天皇がキングではなくエンペラーと呼ばれる理由
・松下幸之助が求めた公益資本主義とは 他
会場:クリオコート博多
会費:会員ビジター共3000円 懇親会(希望者別途4000円)

●日記●

5月11日(土)、今日と明日、大阪で講義する(林塾・政治家天命講座)。新幹線の中から、浜名湖が見える。浜松の人間は、浜名湖に見送られて西へ向かい、帰って来ると浜名湖を見てホッとする。

もしも新幹線で、東京方面から帰って来たときに浜名湖を見たら、乗り越したわけだから慌ててしまう。

以前、浜松駅に停車しない「ひかり号」に乗ってしまった。あっという間に浜松市街を抜け、浜名湖を通過。そのときほど、空しく感じたことはない。

●評論・随筆●

◆男と女があるわけ…◆

「さまざまな生物の子どもたちは、ふた親あるおかげで、りょうほうからよいところをもらって、親よりもすぐれたものになることができるのです。

男と女があって、おとうさんとおかあさんから子どもが生まれるということが、どんなによいことであるか、このお話で、よくわかるでしょう。」

今や、こうしたことを、きちんと説明出来る大人が何人いるのでしょうか?昭和38年発行・少年少女ものがたり百科「理科のふしぎ」より。

◆文明が滅びるとき…◆

互いに相手国を必要としているところへ、何らかのズレが起こる。危機感に襲われた大国は、自国だけは生き残ろうとして張り合う。その軋轢が世界に波及し、経済活動が混乱する。そこへ環境異変等が作用し、とうとう世界は連鎖崩壊に至る。

栄えた文明が崩壊するときは、あっけない幕切れとなる。21世紀の文明交代期は、いよいよ暴風域へ。

結局、人だ。人が欲しい。日本を立て直し、世界人類を救う巨人が必要である。周りにいないと思ったら、是非とも貴方に志士になって欲しい!一緒にやろうではないか!

◆ズタズタに斬られることを覚悟してやって来い!◆

大阪で林塾・全国合同例会で、三本合計7時間の講義をした。

一本目は文明法則史学の世界編。文明の大局に基づいて、21世紀が東西文明の交代期であることを話した。

二本目は文明法則史学の日本編。日本史を社会秩序の盛衰に基づいて述べ、今が新日本創成のチャンスであることを伝えた。

三本目は中国思想の墨子を解説。義の政治こそ、チャイナの王道政治である。それを貫いた任侠集団の墨家を紹介し、日本改新のあり方に置き換えて貰った。

事前に、塾生たちに下記のような注意事項を伝えて貰った。

「講義は全身で聞け!
知ったからには、知った者としての責任がある。受講した以上、答は行動で出せ!従って、評論で終わるような知識の遊戯は一切やらない。

おい、安全地帯に隠れるな!自分ならどうするかを考えよ!考えたらコトダマに出せ!そして怯むな!間髪を入れずに動け!

塾生はズタズタに斬られることを覚悟してやって来い。」

それぞれド真剣に聞いてくれた。脱皮成長が楽しみでならない!