政治家の仕事は、選手寿命の短いスポーツ選手などとは違う

こんばんは。
明日は二四節気の「小暑」ですが、既にすっかり猛暑となって
いますね。

◆明日6日(水)は、林塾「政治家天命講座」第6期・関東7月例会で講義。
また明後日7日(木)午前は、政経倶楽部・東京例会で久しぶりに講義します。
政経倶楽部・東京例会ご案内
→   http://www.seikei-club.jp/deta…….php?id=19

そして8日(金)は岡山と四国中央、さらに9日(土)午前も四国中央で講義
します。 →   http://www.hayashi-hideomi.com……r/564.html

●日記● 平成23年7月1日~3日

★☆政治家の仕事は、選手寿命の短いスポーツ選手などとは違う

7月1日(金)午前中、林塾・情報部会長の石川勝塾士が綜學社事務所に来所。林塾の広報戦略について話し合う。彼は、不撓不屈の根性を持っている国士だ。

石川塾士は、昭和43年生まれだから十分若い。少なくともこれから30年間は、日本再生の先頭に立って貰いたい。

政治家の仕事は、選手寿命の短いスポーツ選手などと違うから長く続けることが出来る。「急いで活躍しないとピークが過ぎてしまう」とか、「今頑張らないと、先々まで体力が持たない」などということはない。じっくり実力を養いつつ、発展的に活動すればいいのだ。3年や5年の短距離走で終わるのではなく、数十年の“哲人”レースを完走して欲しいと思う。

★☆日本青年会議所・福岡ブロック・アカデミーで講義

7月2日(土)、京都の朝は、綜學社・事務所での合気居合の稽古から。午前中は庶務を行い、昼過ぎに新幹線で博多へ移動。

午後7時から、日本青年会議所・福岡ブロック主催の、入会3年未満の会員を対象にした研修会(アカデミー)で講義(約95分間)。テーマは「歴史に学ぶ ~日本人が本来持っていた精神を取り戻そう~」。

会員たちは午前中、鹿児島の鹿屋航空基地資料館を見学し、バス内でも勉強した上で会場入り。仁・義・礼・智・信の5グループに分かれ、それぞれの精神を表す色違いのポロシャツを着ての参加。気合いが入っている。

「経営者人生の転機になった」「原点に戻ることが出来た」などという感想が、多く出たと聞き嬉しい。林塾「政治家天命講座」第5期生の平木・冨安の二人が、送迎から付き添いまで担当してくれた。終了後3人で、博多名物の長浜ラーメンを食す。

★☆福岡から東京に移動し、綜學義塾で講義

7月3日(日)、福岡空港から羽田へ移動し、午後2時から綜學義塾で講義。テーマは「織田信長に学ぶ天下取りの秘訣」。変化の激しい時代は、まず全体を観察し、ゴールから逆算して経営者人生を組み立てる必要があるということを話した。

綜學義塾には「二世塾」の意味もある。文字通り後継者もいるが、親子で参加の塾生が多い。今日は43名が参加。暑い中、貴重な日曜の午後にお集まり下さることに感謝している。