勝ったときこそ、味方の人事が大変になる

こんにちは。
今日は彼岸入りです。
台風15号の影響で、各地で雨になっています。
明日21日(水)は上陸の可能性があるとのこと。
皆様、くれぐれもご注意下さいませ。

◆明後日22日(木)は大阪で講義します。
政経倶楽部・大阪支部9月例会
日時:9月22日(木)受付午後5時半 開始6時~8時40分
経営者のための「東洋思想入門講座」
第4回 吉田松陰と『講孟箚記』
長州を明治維新胎動の地に変えた松陰。その劇的な生涯と熱誠の教育とは…
松陰の憂国の至情を余すところなく著した『講孟箚記』を解説し、
松下村塾から志士が育って理由を明快に伝授!
会場:新大阪ワシントンホテルプラザ
連絡:一般社団法人 政経倶楽部連合会・大阪支部 事務局長 有賀 隆さん
携帯080-3312-8740  MAIL info@seikei-club.jp
詳細は→  http://www.seikei-club.jp

続く23日(金)は韓国で出版する「経営哲学本」の収録をします。
24日(土)~25日(日)は綜學社の“理念戦略会議”を行います。

●日記● 平成23年9月16日~20日

★☆勝ったときこそ、味方の人事が大変になる

9月16日(金)、野田首相の真実を伝える単行本を書くという、フリーライターの黒田伸さんと浜松駅で会い取材を受ける。黒田さんは、野田首相と高校同級生。

週刊誌などに載った内容は、あまりにも首相を悪く書き過ぎており、真実とは程遠いものばかり。せっかく選ばれた日本の総理なのだから、しっかり職責を果たして貰えるよう応援したいとのこと。

新首相は、まず党内を一つにまとめる人事から踏み出したようだ。適材適所かどうかは別にして、各グループのバランスを考慮して組閣した点に努力の跡が偲ばれる。

組閣において大変なのは、負けた側に対する処遇よりも、勝った味方の側の人事だ。勝者を応援した勢力は、俺たちが勝たせてやったんだという、おためごかしの態度で迫ってくるのが普通だ。これをなだめるには、余程の気配りと器量が必要となる。それをやりきっただけでも、野田氏が相当な力量を身に付けたことが分かる。

野田佳彦は至誠の人であり、器量の大きい人物だ。首相個人はしっかりしている。だが、所属政党に問題がある。寄り合い集団のDNAを持つ民主党には、様々な主張が存在しており、日本の将来を託せるだけの安定力の乏しい。そこを、どう突き破って解決するかが、今後の課題となるだろう。

そういうことを話しながら取材が終わり、新幹線で博多に移動。午後6時から、林塾「政治家天命講座」第6期・九州9月例会で講義。塾生6名と塾士・塾員7名が参加。神谷宗幣塾士(3期生・吹田市議)の識見が伸びてきた。

★☆先進文化の玄関口であった福岡

9月17日(土)午前中、政経倶楽部連合会・福岡県支部の松原照明さん(副支部長)が福岡市内を案内して下さった。回った仏閣などは下記の通り。

□博多小学校地下の石塁遺構。元寇に備えての防塁。
○承天寺、祇園山笠創始者の聖一国師が開山。
○妙楽寺、かつて遣明使一行が宿泊。博多の豪商・神屋宗湛の墓がある。
○東長寺、唐から帰国した弘法大師(空海)が創建。
○聖福寺、宋から帰国した栄西禅師が開山。京都の建仁寺とよく似ている。
○崇福寺、頭山満の墓がある。

福岡は中国に近く、朝鮮半島は目と鼻の先だ。古来、先進文化が最初に入ってくる玄関口であったのも当然だ。名刹を一度に5カ所も参詣し、そのことがよく理解出来た。

午後、政経倶楽部連合会・福岡県支部で講義。政経倶楽部は、単なる経営者の自己啓発勉強会とは違う。この国難の転換期にあたって、日本を放っておけないと感じる経営者が集まり、政治を変え日本を救うために活動するのが政経倶楽部であるという旨を伝えた。

林塾からは、冨安正直塾士(5期生・苅田町議)が参加してくれた。冨安議員は、九州の若手政治家をまとめている親分肌の人物。懇親会や二次会にも付いてきてくれ、最後はコーヒーを飲みながら対談。冨安塾士の熱い情念を、じっくり聞くことが出来た。

★☆綜観の稽古、その4パターン

9月18日(日)、福岡から広島へ移動し、広島文明維新塾で講義。この塾には、持論をもとに、しっかり意見を言える皆さんが集まっており、講義後の交流会が熱くて面白い。

9月19日(月)、綜學社事務所で合気居合の稽古。
綜観の稽古のパターンは4通り。
1.合気道の基本動作を主にしたもの
2.空手道の突き蹴りなどを主にしたもの
3.居合刀の素振りと合気道の体さばきを組み合わせたもの
4.腕立て・腹筋・鉄アレイなどを使った筋トレ

1と4は浜松事務所、3は綜學社事務所、2は宿泊ホテルでやっている。また、ストレッチと相撲の四股+天突きは、どのパターンのときも必ず入れている。1回の稽古は30~50分くらい。3日に1度の割合で、毎月計10回が目標。のんびりやっているから健康体操のようなものだ。

夕方、神戸に移動し、今啓林会で講義。旗日の影響もあって参加者は少なかったが、心を込めて力いっぱい話すことが出来た。

9月20日(火)、綜學社事務所の朝。昨日同様、合気居合の稽古をしてから庶務(今月8回目)。京都盆地の空は、台風の影響で厚い雲に覆われている。午後、浜松事務所に移動。