本物の輪を広げていこう!

こんばんは。新型コロナウイルスの流行によって、今月4回講義予定であった林塾「政治家天命講座」が全て中止となり、1回のWEB講座に差し替えられました。土日が三週間も空いたので、今月は骨休めしつつデスクワークに励みます。こういうときは、じたばたしないことですね!

◆本号の「評論・随筆」の小見出しです。→内容は下記をご覧下さい。
☆本物の輪を広げていこう!

●評論・随筆●

◆本物の輪を広げていこう!◆

我々は、あらゆる事に急ぎ過ぎた。私益膨張資本主義の中で、一番病、金欲病、出世病、名誉病に、すっかり侵されていた。その愚かさに気付けというのが、武漢発ウイルスの一つの意味かも知れない。

国中が大騒ぎだが、キャンセルで暇になったなら、慌てないで一度立ち止まるのもいい。応急手当ては、やらんといかんがね。

自分の仕事の場合は、それほど変わらないというのなら、いつも以上に職務に心を込めてやるだけだ。

また、この機会を、普段出来なかった事をやれるチャンスにしよう。特に、中長期に関わる事に力を入れたい。

人生も仕事も、原点からブレないことが肝腎だ。こういうときに終わる人は、原点を亡くした人ばかりではないか。

それから、何か買うときは、地元産や国産を優先しよう。少し高くても構わないから。

今こそ見直すべき事も、あれこれあるだろう。やはり、リスク分散を図らないと。一つの市場、一つの顧客層、一つの商品などに頼らないことだ。

流行が収束しても、チャイナや朝鮮半島に、この先何があるか分からない。インバウンドは長めのブームだったと覚って、ここは本来の姿に戻るべきだ。

とにかく、公益に本物であろう。本物を愛し、本物を創り、本物の公益経営の輪を年輪のように広げていこう! そうすれば、大丈夫きっと上手くいく!